2017年11月05日

カーネーション 『Suburban Baroque』 全曲語り

Suburban Baroque.jpg
 9月13日の発売からもうずいぶん経っているし、この人今回書くつもりあるんだろうかどうなんだろうかと覗きに来た人が居るのか居ないのか分からないけど、自分の記録のためにこれだけは書いておく。

 カーネーション 『Suburban Baroque』 もうーー最高だし! ずっとずっとずーーっと聴き続けている。聴きながらどんどん思ったことを書き留めていたもんだから、それが膨大過ぎて収拾付かなくなってもうー大変(笑)。聴けば聞くほど印象が変わって来るので早く書きたい!と思っていたのだけど、なにしろ時間が取れなくて取れなくて。

 何十回、いや 100回は聴いたんじゃないかと思うけど、新しい発見も次々出てくるし、その時の自分の状態によりいろんな想いがたくさん引き出されてくる。最初はげらげら笑い、10何巡目か 20何巡目かでボロボロ泣いて、時間差で届いてくるものにあら?と思うこともある。思えばカーネーションってそうなのよね。そういう意味でも、とってもカーネーションらしいアルバムだと思う。うううっ、ありがとう、ありがとうカーネーション!

 で、感想なのだけど、音楽的なところは他の詳しいみなさんが語っているので、私は私の担当を、めんどくさい感じに書きますよ。それと、もうすでにいろんなところで直枝さんやいろんな人のお話を聞いてきたのでその話も入ってる。時間差もありちょっとおかしな感じになってるかも…。 

続きを読む
posted by あや at 02:10| Comment(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする