2008年08月28日

8/25 青山陽一 @曙橋BACK IN TOWN

FOLK & ROCK ALIVE 公開ライブ
(スカパー266ch歌謡ポップスチャンネル)
出演: 青山陽一(The BM's: Organ 伊藤隆博, Dr 中原由貴)
ナビゲーター: 白井良明(ムーンライダーズ) / 神田有希子

F1000525.jpg  F1000524.jpg  F1000523.jpg

 前日に青山さん観といてあの記事をアップ、というのはなんとも気まずいなーと思いつつ (←直枝さんと青山さんはお誕生日が一緒)、スミマセン、あれは儀式みたいなもんなので・・・。青山さんもお誕生日おめでとうございました♪

 久しぶりのオルガントリオ〜! 私は今年、青山さんけっこうたくさん観ているんだけど、オルガントリオは 2月の 「チョコパニック」 以来、なんと半年振り。前回の 「隣人」 では BM's が久しぶりの大所帯で、それもすごくカッコよかったんだけど、BM's はこのまま大所帯にシフトしていくのかなーと思ってたので、またやってくれて嬉しかった。

 だいたい伊藤さんが久しぶりだよ。3月の西村さん以来だな。伊藤さんの大人なプレイは前から大好きだけど、今回なんか、垢抜けたというか、ちょっとやんちゃな感じがして、あらどしたんだろう?と思った。ううむ、シャツのせいなのか髪型のせいなのか。私はゆずのせいだと思うのだが (←この夏、ゆずのツアーのバンマスだったらしい)。そんな弾けた伊藤さんも素敵!

 この日、私の席からは青山さんが見えずらくて残念だったのだけど、中原さんは丸見えで、自動的に中原デーとなったのだった。いやーカッコよかったなぁ。私、青山さんのときの中原さん、すごーく好きなのね。私はドラムのよさをどう表現したらいいか全然分からないんだけど、ほんとに好きだなぁと思う。ケイティさんが以前コメントに、「中原さんの音の置く場所」 みたいな話をしてくれてたと思うんだけど、それなのかな。んもう絶妙な鳴り方。トリオだと特に、それが引き出される感じがする。

 青山さんの日記 (8/23) に、「4、5人だと等身大だけど、3人だとむしろ巨大化した感じになる」 と書かれていたんだけど、あーすごくよく分かる!と思った。このトリオを観ていると、アンサンブルもそうなんだけど、中原さんだけじゃなく、青山さんのギターも伊藤さんのオルガンも、 「あーもう、たまらなく好きだわぁ〜!!」 と思うんだ。際立つというより、巨大化。うんうん、て、自分で言葉を知らないものだからすぐ人の言葉を借りる(笑)。

 中原デーだったこの日、特に涙目だったのが 【Friday Rider】 、 【月曜のバラッド】 、 2部の良明さんとのカバー 1曲目の 【Can't Find My Way Home】 。あと、普段は弾き語りの 【Are Domo】 が良かったなー。レアなトリオバージョン。ちょっとシャッフルっぽいジャジーな感じでオルガンが効いてて、跳ねる感じの歌もおもしろかった。

 それからやっぱ良明さんとの共演。特に 【罪深きグルーヴィー】 がスゴカッタ! 良明さんの切り込み方が凄くって、思わず、カーネーション 「ANGEL」 に切り込んだ西村さんを思い出したよ。いやあビックリした〜。んでそれ見た青山さんの応戦がまたサイコーで、ええっ、これは青山さんのフレーズかい?と思うようなとこも。そんな二人を、中原さん目ーまんまるにして見てた(笑)。

 セットリスト見ると、良明さんとけっこうたくさん演ったんだな。良明さんのギターは音が鋭くて暴れん坊?な感じ。そんな良明さんに負けず嫌いの青山さん(笑)。こういうときの青山さん、ほんとに嬉しそう〜な顔するよね。青山さんてほんとに、セッション好きなんだなぁ。

<セットリスト> 〜オフィより
 [1部]
 1. 花いちもんめ (by はっぴいえんど)
 2. Friday Rider
 3. 休符を数えて生きるのは
 4. 月曜のバラッド
 5. Are Domo
 6. Hello It's Me (by Todd Rundgren)

 [2部]
 1. Million Miles Long Hair
 2. Can't Find My Way Home (by Blind Faith) w/白井良明(Eg)
 3. Superfly (by Curtis Mayfield)w/白井良明(Eg)
 4. 罪深きグルーヴィー w/白井良明(Eg)
 5. Ultra Sonic Bicycle w/白井良明(Eg)
 6. 最後はヌード

 Encore
 1. Starlab
 2. Crossroads (by Cream) w/白井良明(Eg)

 この日の様子は 10月3日からオンエアされるそう。毎週金曜の 22:00〜22:30、かな。たぶん、このサイトに詳しいことアップされるんだと思う (←今 8月)。昼撮った 4回分のトークでは 「グラファンが何故解散したか」 なんて話までしたそうすよ。まあどこが使われるか分からない、なんて言ってたけど、ううー観たい・・・けど観れない・・・(悲)。どなたか私のために録ってくれないかしら・・・ぶつぶつ。

 というわけで、今度の青山さんです。これまたオルガントリオでの出演となるそうで、ヤッター! 青山さんはバンドが好き、という人も、青山さんでの中原さんをまだ観てない人も、是非是非観てほしい〜。対バン (というかホスト) がヒックスヴィルというのもうれしい!

2008.9.11(thu) Hicksville主催「VILLAGE PEOPLE VOL.10」
Place: 下北沢440

出演: ヒックスヴィル / 青山陽一
Open: 18:30 / Start: 19:00
前売: ¥2,500- / 当日: ¥2,800 *1Order別途

チケット発売: ■440電話予約: 8/11〜(03-5481-4143[2PM-8PM])
■チケットぴあ: 8/11〜(Pコード: 300-660)
■ローソンチケット: 8/11〜(Lコード: 72746)
Info: 440(four forty) 03-5481-4165
posted by あや at 01:49| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ライブ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりの(BM'S名義の)オルガントリオ、ワタシも堪能しましたー。
テレビ収録が気になったのか?最初は固かった様に見えたのですが、
ペダル故障でちょっと弛まったように感じで、あとはいつも通り。
後半、一弾き目から太めな音を出される白井さんが入られてからも
本当に楽しそうでした。確かにギターちゃんばらが好きそうでしたね。

曙橋は初めてで、「folk and rock」がメインらしいので、幕間でずーっと
かかっていたカーティスって演者に合わせてかなあ、と思ってました。
SUPERFLY演るときも「黒人音楽でいいですか?」って訊いてたし。
スタイルは1food+1drinkがマストでちょっとオトナな?なのかな。
席はお店側の指定で、なかなかいいラインを見つけられずにいたのですが、
前の席の方が姿勢を変えてくれて、ナカハラさん拝めました。嬉しかったー。

奏者が少ないと、各々じっくり聴けるのがいいですね。で、ナカハラさん。
そこに置く?みたいな絶妙な抜き加減と、まだ溜める?のバックビート、
も一つ来たか、な字余り感や、ゴーストノートが引き立つ乾き目の音、
バネを利かせて流すところとか、、、もう凄っごく好きなスタイルです。
とはいえ、やはり「佳曲」あってのプレイなので、良い縁があるのだなあ
と、ファンとしてはほんと運命に感謝です。(←ちょっと大げさか。。。)
やはり、なんといっても、青山さんが見初めた方ですからね。

隣人バージョンのBM'Sとはまた一味違う小編成のオルガントリオ。
個人的にヘビロテ中のリハ音源「horizon」は聴けなかったですけども、
次回で披露してもらえるかなー、と期待しています。
Posted by ケイティ at 2008年08月29日 03:40
オルガントリオ、面白いですよね。

リズム隊がしっかりしているが故の自由、という意味では、沼澤尚が加入した当初のシアターブルックを思い出すことがあります。ジャンルはちょっと異なりますが、沼澤/中條という鉄壁のリズムに支えられた佐藤タイジという存在に青山さんをダブらせることはそう難しいことではないですね。シアターブルックにはさらにエマーソン北村が居るので4倍以上ですが(笑)
Posted by エマ審 at 2008年08月29日 13:46
ケイティさん、エマ審さん、コメントありがとうございます!
家でゆっくりお返事書いてたらとうとうマシンが起動しなくなりました〜(泣)。うーごめんなさい!明日お返事しますんで。しばしお待ちを〜!
Posted by あや@携帯 at 2008年08月30日 01:40
◎ケイティさん
なんか呼び出しちゃいましたかな? 私、ほんとに肝心なとこちゃんと語れてないので詳しいコメントうれしいです。ありがとうございます。
私も曙橋初めてでした。大人な雰囲気でしたね〜。青山さんが「ワタシみたいな若輩者が」なんて言ってた?くらいですから。けど、急いで行ったのに席が決まってたのはショックでしたなぁ。

>そこに置く?みたいな絶妙な抜き加減と、まだ溜める?のバックビート、
>も一つ来たか、な字余り感や、ゴーストノートが引き立つ乾き目の音、
>バネを利かせて流すところとか、

おおお! なんかココまで出掛かって思い出せない何かを思い出させてもらったような爽快感! そうですそうです、その感じ! ああ〜うれしい・・・。ありがとうございます。
もー私ってば喋りたがりのくせにあまり本も読んでないし音楽も聴いてないから(恥)、プレイのスタイルというのもよく分からないんですが、とにかく好きですわー、中原さんのドラム!
中原さんにとっても青山さんの音楽は 「スペシャルだ」 とおっしゃってるし、何か特別な縁があるのかもしれないですね。
大編成の BM's、オルガントリオ、弾き語り、それからゲストを交えてのセッションと、青山さんの音楽ってどの形にもそれでしかない魅力というのがあって、いつもワクワクします。
お、「horizon」 ノーチェックだ! MySpace に上がってるのかな?と思って見にいこうと思ったら昨夜マシンが固まりました(爆)。

◎エマ審さん
おー、ここでシアターブルックが出てくるとは意外! そしておととい COUCH で中條さん観て来たとこですよ。奇遇だなぁ。
私、シアターブルックは 10年前くらい前によくライブ行ってたんですが、あの頃はもうータイジさんタイジさんで(笑)、ドラムは沼澤さんだったのかな・・・? と思って 97年の 「トロポポーズ」 クレジット見たら沼澤さんでしたね。 「タリスマン」 は違うからちょうどその頃?
えーそうですか、タイジさんと青山さん・・・、おもしろいなー。バンドの中でのタイジさんがどんなだったか思い出せないのが残念です。しばらく活動しないんですよね。この間の恵比寿(でしたっけ?)、誘われたんですが行っとけば良かったなぁ。
Posted by あや at 2008年08月30日 14:09
懐かしい名前が出てきたので、も一度いいですか。すみません。

タイジさん、この前新宿タワレコのインストアで観ました。
一人で登場し、手にはギター、足ではバスドラ鳴らし!
相変わらず黒めのギターをがんがん弾いてました。
途中タワレコや下階のテナントからのクレームにも、
「サトウタイジ呼んどいて、音でかいはないやろ!」と。
40分間位でしたが、結構ファンも多く盛り上がりました。
モグラネグラ(古!)の頃と全く変わってませんでしたよ。
Posted by ケイティ at 2008年08月30日 23:14
◎ケイティさん
きゃ〜! なんかステキすぎるエピソード! しびれるなぁ。
私は去年ミナミホイールですごい久々にタイジさん観ましたが、相変わらずほんとカッコよかったです。知ってるんです、タイジさんのカッコイイの。けど危険なカッコよさなんですよー(笑)。
大人になると、ココから先行っちゃいけない、みたいな、ヘンな抑制しちゃいますよね。て、何のことやらかもしれませんが(笑)。
Posted by あや at 2008年08月31日 01:28
私もよく観てたのは10年くらい前ですね。。。リキッドルーム(新宿)や、赤坂ブリッツ(昔の)でよく演ってました。野音でも何度か観たような。

沼澤さん固定になる前はドラマー不定だったと思います。DJの人も居ましたね(吉沢さんだったかな)。沼澤さんがシアターブルックで叩き始めた頃、並行して吉田美奈子のバックでも叩いてたんですが、あの頃の美奈子バンドもかなりヘヴィーで面白かったです。
Posted by エマ審 at 2008年09月01日 18:49
エマ審さん、こんにちは。お返事遅くなりました。すみません!
あーそうそう! 赤坂ブリッツ(昔の)を思うとき、真っ先に思い出すのがシアターブルックです。
実は私、沼澤さんのことをよく知らないんです。よく矢部さんと比較されますよね。スタイルが似てるとか。ここで話題になって懐かしくなって、週末久しぶりに 「タリスマン」 〜 「トロポポーズ」 聴いたのですが、なるほどー!と思いました。最近ほんの少しずつですが、ドラムを聴く耳が出来てきたようでうれしいです。ほんの少し前まで、私は矢部さんが全てだったので(笑)。
Posted by あや at 2008年09月02日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック