2008年11月04日

11/3 『GOLDEN POPS VOL.11』 @吉祥寺MANDA-LA2

出演:ジャック達(+大田譲 from カーネーション)/東京ローカル・ホンク
スペシャル・ゲスト:鈴木祥子

F1000677.jpg  F1000680.jpg

 やあもう、怒涛の週末あーんど鬼の月初やらイベントやら、加えて馬鹿なのに珍しく風邪なんか引いちゃったりしてすっかり遅くなってしまった。あーんもう書きたかったよ書きたかったよ書きたかったよ! けどだいたいのことは月ドラさんが素晴らしく詳細に書いてくれているので、どうぞこちらをご覧になって〜。これ読んでたらすべてを思い出せるから、私書かなくてもいいかなぁなんて思ったんだけど、まあ一応自分的メモ。

◆ 東京ローカル・ホンク

 なんとなく名前は知っていたけどお初です。ちょっと、見た目こわい・・・?と思ったけど、ヴォーカルの木下さんはずーっとニコニコ。ホンワカしてすごい気持ちよくて何しろコーラスの美しさにビックリ。そしてギターの人、ずーっと同じとこ見てるのでそこに譜面でもあるのかと思ったら、癖なのね(笑)。後半、「これはみんな狂ってく歌です」 という 【四月病】 かな?がおもしろかった。木下さんのニコニコ顔につられてなんとなく緩やかに気持ちよーく見てたら、最後のほうのジャムにはビックリしたよー。

 途中、祥子さんが登場して一緒にやったのは、【25才の女は】 、 【恋人たちの月】 。この 2曲はライブアルバム 『I was there, I'm here』 に入っていて、これは私の祥子さんとの出逢いのアルバムなのでなんだか懐かしかった。 「25才の女は」 なんて私、ライブで観たの初めてかも。最後の語りというか問いかけというか、ちょこっとだったけどドキドキしちゃったわ。 「恋人たちの月」 は、このアルバムでは直枝さんとのデュエット、なので意味もなくドキッとした。ヴォーカルの木下さんは祥子さんとは高校時代からの知り合いだそうで、「今となっては幼なじみ?」 みたいに言ってて自然な感じが良かった。いつもの弾き語りの祥子さんにホンクが寄り添ってる感じ。とても穏やかに安心しきってるような。

 祥子さんの最新アルバム 『SWEET SERENITY』 でホンクがバッキングした 【まだ30代の女】 。祥子さんの、 「30代の人、いますか?」 の問いに張り切って手を上げる 39歳と8ヶ月(笑)。「どうですか?堪能してますか?」。祥子さんの 30代はいろいろと考えすぎちゃって楽しめなくて残念だったわ、ということなんだけど、私はしてますねぇ、申し訳ないくらい。今までのどの年代よりも今が一番楽しいですわ。こんなんでいいのかってかなり不安であるよ。そんな私の 30代も残りあと 4ヶ月。そういえば、30歳になっちゃうわ、という歌はたくさんあるけど、40歳になるって歌、あんまりないよね・・・。

<セットリスト> 〜眼福さんからお借りしました。ありがとうです〜。

 01. ハイウェイソング
 02. 冬のお嬢さん
 03. 拡声器
 04. 昼休み
 05. 25才の女は [鈴木祥子] with 鈴木祥子
 06. 恋人たちの月 [鈴木祥子] with 鈴木祥子
 07. まだ30代の女 [鈴木祥子] with 鈴木祥子
 08. いつもいっしょ with 鈴木祥子
 09. 四月病
 10. 社会のワレメちゃん
 11. カミナリ


◆ ジャック達(+大田譲 from カーネーション)

 図らずも(笑)キハラさんのまん前だったわけですが (順番に座ったらあそこになったんだよね・・・) 、セッティングするのをドキドキ見ながら、「(ギターまで)ニューベリーの 3倍はあるからダイジョウブだよね?」 と月ドラさんと確認しあう(笑)。が、キハラさんのアンプがまっすぐこちらに向いていて・・・、ううう、死ねる・・・。

 「ジャッジャッジャジャージャジャジャジャジャー♪」 て文字にすると分からんなぁ。私このリフがずっと頭に残ってて、なんだっけ?と思うことしばしば。そんなかっちょいい最新曲 【禁断のチョコレート・エンジェル】 、続く私的キハラスペシャル 【スーパーソニック・トースター】 。うがー、何よまたそっちで攻めて来る気ね! さっきよりずいぶん音でかいする気がするけど皆さんダイジョウブか!?

 ここで最初の MC 。もうー私記事書く前からコメント欄でもあちこちでも言いまくってるけど、一色さん、最初から飛ばしまくってたなー。客席の反応がいいのもあったけど、この日の一色さんはもう、滑らかに出る出る(笑)。内容については月ドラさんが詳しいので省略 (人任せスミマセン!)。

 大田さん的新曲の 【コメディエンヌ】 はピートさん卒業式のときにお披露目されたな、とちょっとチクッとなる・・・暇もなかったな。そんで 【ロッカバラッド・クロック】 だよーもー。「おれはいつも二言も三言も多くて、楽しい場が一瞬にして修羅場と化すことがあるんですねぇ(笑)」 と。(あとで祥子さんに 「その話聞いたことある!」 と言われてた)。のんびり甘い感じで始まるこの曲がどんどんスゴイことになる。

 聴きなれないイントロに 「?」 となってると、祥子さん登場〜。これが噂の 【チェリー・ボム】 ね(笑)。それから祥子さんのアルバムでキハラさんがギターで参加した 【ELECTRIC FINGERZ】 。きゃー!そうそう、これが聴きたかったのよー。アルバム発売直後の C.C.Lemon ではちょっと物足りなくてさ。「ジャッ、ジャジャッ」 ってキハラさんのカッティング、カッコよかったなぁ。ていうかこの日はニューベリーと比べて広いからキハラさん暴れまくりでね、こう、足を踏ん張ってガシガシ刻むカッティングに痺れまくり!  「アルバムではヒロムさんに弾いていただいて」 という祥子さんに、いやん祥子さんたら “ヒロムさん” だって♪ と、私が照れてどうする(笑)。一色さんの 「へぇ、ヒロムギター弾いたんだー。(客席に向き直って) ジャック達でも弾いてるんですよお♪」 にまた崩れ落ちる。

 続くカバーは 【あの素晴らしい愛をもう一度】 。「ええーーーっ!?」 という客席をよそにアルペジオでフォークっぽく始まる演奏(笑)。いやー絶対このままで終わるはずない、絶対・・・と思ってたらキターー!(笑)。ズンダズンダズンダズンダ!って、あはははは!いやーもう10代の若い子じゃないんだから! で、祥子さんが歌いながらどんどん一色さんに寄ってくんだけど、一色さんがドギマギしちゃってるのね(笑)。んもー 「ひゅーひゅー」 と思う一方で、こっちまでドギマギしちゃった。この歌って調べてたらフォーク・クルセダーズがオリジナルなの? 私の記憶では女の人の声なんだけど、誰バージョンなんだろう。

 そして with 祥子さんでジャック達 【謎の帽子屋】 。柔らかなウーリッツァの音がこの曲にすごーく合ってた。祥子さんのステージで、祥子さんがおしゃべりのイニシアティブを取られている(笑)のを見るのは初めてのような気がしたけど、逆に祥子さんに導かれて真面目な話をしちゃった一色さん (この曲は何を思って作ったのか)(・・・とカッコで済ませてごめん、詳細は月ドラへ:笑) ていうのも良かったな。イニシアティブを取られてる祥子さんというのは、ステージトークではなくて、普段はこんな風に話してるんだろうなぁという感じ。祥子さん、割といつもおしゃべりがしっかりしてるので、客席に向かっても共演者に向かっても、こんな風に砕けて話してるところを見るのは実は初めてかもしれない。

 そして祥子さんは袖にはけ、ワイルドな「だけ」(笑)の 4人で 【東京一悲しい男】 。わーい、配信後初だ〜。ワタワタしててすっかり騒ぎ損ねちゃったんだけど、もちろん爆音リピートしてますよー。何しろこの歌詞がショックでショックで(笑)。いやーしょうもない歌だとは一色さん前から言ってたんだけど、まさかこんな歌詞だったとは! ちなみに一番好きな歌詞は 「かーに歩きする中央線、はいっ!」 、そしてまさかの 「魚の臭い」 。崩れ落ちましたー。明らかになったのでおかしさ百倍。間奏のギターも可愛くて好き。

 そして 【水溜りギャラリー】 。私はこの曲の、一色さんの歌に絡むキハラさんのフレーズが大好きなんだけど、さらにアウトロのキハラさんに絡む大田さんね。私はいつも、特にこういうソロのときはキハラさんばっかみちゃうんだけど、ちゃんと観た、聴いたよー! あーもうすっごい大田さんだーと思った。そしてアンコール、お決まりの「今の気持ちです」 と、【今すぐ帰りたい】 。これも 10月の配信ね。あの出だしのリフのとこ、ギターもカッコイイけどベースもカッコイイよねぇ。そうそう、キハラさんがコーラス間違えてニタッ笑ってたの萌え〜(笑)。


◆ アンコール

 東京ローカル・ホンクと祥子さんを呼び込んで、てっきり何かカバーやるのかなーと思ってたらジャック達 【ハイランド】 。キハラさんのカッティングに夏秋さんのドンドコ、それに絡むホンク木下さんのギターがおもしろーい。祥子さんはキーが合わなかったのか、ちょっと歌いずらそうだったな。

 そしてもったいぶって何かと思ったら、最後のカバーが強ーーー烈! スターシップの 【We Built This City】 を一色さんによる日本語歌詞で。いやー、いっくら洋楽疎い私だってこの歌は知ってたよ。でこの日本語詞が超スゴイ! 聞き取れなくてもやもやしてたら翌日早速アップしてくれました。やースゴイ、スゴすぎる・・・! このページの下にある YouTube 再生させて、とりあえず一緒に歌ってみたら、「マンボ」とか「radio」とかちゃーんとリンクしてて、ほ、本物っぽい・・・(笑)。そして終わってかかった会場 SE がいきなりこの曲だったのに爆笑。グッジョブ!


<セットリスト> 〜ジャック達 BBS より

 01. 禁断のチョコレート・エンジェル
 02. スーパーソニック・トースター
 03. コメディエンヌ
 04. ロッカバラッド・クロック
 05. マイ・ビューティフル・ガール
 06. チェリー・ボム [ランナウェイズ] with 鈴木祥子
 07. ELECTRIC FINGERZ [鈴木祥子] with 鈴木祥子
 08. あの素晴らしい愛をもう一度 [フォーク・クルセダーズ] with 鈴木祥子
 09. 謎の帽子屋 with 鈴木祥子
 10. 東京一悲しい男
 11. 水溜りギャラリー

 E1. 今すぐ帰りたい
 E2. ハイランド with 鈴木祥子 東京ローカル・ホンク
 E3. We Built This City [スターシップ] with 鈴木祥子 東京ローカル・ホンク

 あーーおもしろかった! もうー何日経ってもおもしろいなぁ。この日は祥子さんのための企画、のような気がしてたけど、祥子さんはもちろん、ホンクもジャック達もそれぞれのコラボも全部楽しめたし、どのファンにとっても楽しかったんじゃないかなぁ。ホンクのときの祥子さんとジャック達のときの祥子さんが全然違うーっていうのもおもしろかったけど、私はいろんな祥子さん見てるので、全然違和感なかったな。どっちかというと、ロックな祥子さんを見るのが久しぶりなので嬉しかった。

 あとヘンなカバーね(笑)。実は前日の博文さんのときに、大田さんが 「変な曲やるよー」 と言ってたのを聞いたんだけど、もはやどの曲のことを言ってたのか分からない・・・。祥子さんとジャック達、実はこの変なことやるセンスが似てるんじゃない?という気までしてるんですが(笑)。あんなに笑って楽しそうにしてる祥子さんを見るのも嬉しかった。またいつか共演してほしいなー。

 てあーた、メモって・・・(爆)。
posted by あや at 22:16| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | ライブ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。いや〜面白かった。ホンクの真面目な演奏の後だけにジャック達の破天荒さが際立った。もう向かうところ敵無し、女の前では張り切る的なロックが心地よい。弾きまくる木原さんとウマヘタな(?)一色さんが対照的でタマコとはまた違ったツイン・ギターの面白さがある。リズム隊のシッカリ度も素晴しかった。控えめな大田さん、カワイイね。初ジャック達はなかなかの高得点。今回はアウェーって言っていたからホームでのライヴも見てみたいなぁ。ただし次は来年の1/18日曜日なんで直前まで他が入らないか、みてからだな。祥子さんに関して言えば新譜共演バンドなんでアルバム同様のサウンドがいい。「まだ30代の女」の泣きのギターや「ELECTRIC FINGERZ」のオルタナ感はやはりこのメンツでないと出ない。「ELECTRIC FINGERZ」はC.C.Lemonより断然良かったもの。このところポジティヴな祥子さんの美人度も3割アップ。それにしても一色さんとのツーショットを超至近距離で見てドギマギ。凄すぎます、一色オルタナおっさん。しかしカーネーションといい、祥子さんといいカヴァーは直球だ。ランナウェイズにスターシップの有名曲だもの。あまり驚愕ではなかったな。「あの素晴しい愛をもう一度」のハードコア・ヴァージョンは新鮮だったけど。さてと、ちょっぴり休んで次はタマコの爆風です(笑)。あ〜、また長くなっちまった。
Posted by ほしぴー at 2008年11月05日 00:06
わははは! ほしぴーさんの待ってましたなコメント、おかし〜! 私まだ記事書いてませんてば(笑)。けどおもしろかったですよねぇ。ジャック達ファンとしても気持ちいいくらい、この日は決まりまくりました。ほんとにこの日観れてラッキーでしたよ、ほしぴーさん! ホームのライブも是非観てほしー。喋りはもっとグタグタですけど演奏はもっとスゴイです。1/18 は絶対オススメ! 対バン見て私がひとしきり騒いだのを目撃しましたでしょうか。ぜーーったい面白いですよ!
祥子さんも良かったですねー。久々にガッツリロックな祥子さんが気持ちよかった。カーネーション以来かな? カバーは直球かもしれませんが(て、私はよく分かってませんが)、最後の替え歌詞見てちょうだいよ。記事にも貼るつもりだけど、ダメだ待ちきれないや。→http://jacktachi.exblog.jp/9572933/
Posted by あや at 2008年11月05日 01:56
あやさんが書くまえにドンドン、コメントしちゃいます(笑)。スターシップの替え歌詞読みました。“ダメだ待ちきれないや”にあやさんのファン魂がくみ取れます。それにしても当日のライヴMCを踏まえたところが大爆笑。グタグタMCだったけどちゃんとこの替え歌詞で締めるところまで計算している(?)とは恐ろしいオッサンじゃ(笑)。ところどころ聴き取れたのですがあの爆音ですからね、全貌がわかるとさらに面白い。1/18は行く方向でいます(祥子さんあたりがかぶってきそうですが)。しかし見に行くライヴがどんどん増えていくなぁ〜。もともとコンプリートはありえないのでパラパラ気楽に行きますわッ。きまぐれファンでスンマセン。では今夜、代々木で9時に。
Posted by ほしぴー at 2008年11月06日 11:11
わあ、ほしぴーさん、またコメントの表示がおかしかったわ、ごめんなさい〜! 代々木の日は電車大丈夫だったかしら? 書きかけすっ飛ばして代々木先にあげましたけども。
あの替え歌詞サイコーですね。なんかスカッとしたなー。MC 踏まえたんじゃなくて、あの歌詞があったから MC でもポロポロ出てきたんじゃないかな。それにしても冴えてたなぁ、一色さん。そしてあの歌を大喜びで歌う祥子さんもステキ。私も覚えて是非カラオケで歌いたい(笑)。
Posted by あや at 2008年11月08日 17:37
代々木の日は終電づくめでしたな。よ〜く考えたらとりあえずは上野まで出なければならなかったので山手線で新宿まわり(1線)にすれば良かったものを秋葉原まわり(3線乗り換え)にしてしまったのでメチャ遅の帰宅。中央線はまだ終電ではなかったものの、お茶の水で総武線津田沼行き最終、秋葉原から京浜東北線赤羽行き最終、上野から常磐線松戸行き最終と相成りました。残念ながら東武線は終わっていたので常磐線各駅松戸行きに乗り換え。これも最終。いやはや凄すぎるけど昔に比べればちゃんとうちに帰えれているので良しにしませう(笑)。O型で獅子座のアバウトな性格なんでこんなもんでしょう。PS/あの歌詞があったからのMC、そーですね。一色さんがエイベックスから一発当ててくれることを祈ってます(笑)。
Posted by ほしぴー at 2008年11月08日 21:22
あーほしぴーさん、コメント入ってるの気づいてなかった、ごめんなさーい!
いつもほしぴーさんのことお構いなしでスミマセン。私ら近いから最悪タクシーでも、なんて思っちゃってるからねぇ。大人なんだから余裕もって遊ばないとね。今度はタイマーかけときましょうかね。
Posted by あや at 2008年11月13日 03:35
わーお疲れお疲れ〜。っていうか、メモどころかガッツリ書いてますけど(笑)!
もーあやさんの文章読んでるとまたいちいち反応したくなるぅ〜。
そうそう、一色さんの「(ヒロムは)ジャック達でも弾いてるんですよ〜」、笑った!
「今すぐ帰りたい」のキハラさんのコーラス間違い
やっぱあやさんも反応してたかー(笑)、カワイくて萌えたよね、うんうん。
あとやっぱ「水溜り画廊」のアウトロ、キタなーーー。
キハラさんと大田さんの絡みがほんと泣けた。
やっぱり信頼し合ってないと、ああいう演奏ってできないと思うから。
私は祥子さん初めてだったんだけど、
あの日は普段の祥子さんよりリラックスしてた感じだったのかな。
そんなところを観られたのも貴重だったんだね。ホント楽しかったなー。
ジャック達×祥子さんはぜひまた演ってほしいね。
Posted by moonlightdrive at 2008年11月13日 10:11
ども!お邪魔します、眼福です。
あやさん、リンクありやたす☆
メモと断りつつこの詳細レポ、すごーい!あの興奮が蘇ります。
あやさんや皆さんのライブ観賞力レポ力にいつも感動しておりますよ。
Posted by 眼福 at 2008年11月13日 17:32
◎moonlightdriveさん
やー毎度どうも。ほんとにメモのつもりで書き始めたのに気づいたらこんなことに(笑)。だんだんテンション上がってくるのよねぇ。ね、ね、コーラス間違っちゃったのカワイカッタよね。
「水溜り画廊」 良かったよねぇ! あー大田さんらしいフレーズだなぁと思ったんだけど、キハラさんを見てぶわっと盛り上がってる感じがしたね。 きっとまだまだ行くと思うなぁ。
あの日の祥子さんは、リラックスというか、押されてた?(笑)。しゃべりではね。けど歌では祥子さんが押してたなー。獅子座対決五分と五分。すごい楽しかった! また観たい〜。

◎眼福さん
コメントありがとうございます! いやーこれはメモじゃないっすよねぇ(笑)。語りすぎるのは悪い癖なんですが、私は眼福さんみたいに、思ったこと重要なこと、あったかいうちにパパパッと書けるようになりたいんです、本当は(無理)。今後ともよろしくです〜。
Posted by あや at 2008年11月14日 01:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック