2009年02月12日

2/10 Tamacowolds and Sardine Head @原宿クロコダイル

出演:タマコウォルズSardine Head

F1000852.jpg  F1000854.jpg  F1000855.jpg

 て、イベントタイトルに何の捻りもないですが(笑)、行ってきたー、今年の初・フルタマコ! 今回は、対バン Sardine Head に誘われイベント。以前、月見ルで共演したことがあったのだとか。対バンと言っても 2バンドなので 90分タップリ、しかもノンストップ。ワンマンでは休憩が入るので、90分ノンストップというのは実は珍しいのよね。

 原宿クロコダイルは 05年の青山さんの 「なんちゃってブルースセッション」 以来・・・、(と思ってたらジャック達で行ってた、すみません、嘘ついた) で、何を隠そう、このときが私は初中原さんで、カーネーション脱退後に鳥羽さんを久しぶりに見たのがたぶんこのとき。なんだか感慨深いわー。なんてことを思いながら “ワニチャーハン” 食べて戦いに備える。


■タマコウォルズ

 ここはずいぶんステージ広いのね。だいぶゆったりとしたセッティング。左から、トミー、河野さん、西池さん、後ろに中原さん、鳥羽さん、けっちゃん。相手がプログレ系ジャムバンド (なのか?) ってことで、最初から全員なんだかものすごい気合が入ってる。軽いジャムから 【ビュリフォー】 、 【ばるぼら】 はいつもよりちょっとテンポがゆるめ?

 で、 【スケアクロウズ】 がなんかものすごい良くて、鳥肌立ちまくりだったー! なんでだろ、よく分からないんだけど、鳥肌が止まらなかった。これは何かの予感ですかっ?っていうくらい。なんだろう、めちゃめちゃ良かった! 前回 lete のタマコ2 で初お披露目だった 【Moutain Hop(仮)】 。フルタマコではさらにずしっと重たくカッコイイ! この曲、西池さんのヴォーカルのカッコいいところがすごく目立つ、という言い方でいいのかな。 lete でもそうだった。今日もまた、好きだわー、西池さんの歌!と思ったのがこの曲だった。

 で、キタキタキタ! 今日はジャムバンドってことでこれがどんななるか楽しみだったのよ、 【灰になるまで】 。途中に挟まったのは 【Stand !】 。うーわーーこれ! この曲平泉さんハマッた時期 (スライが来たときね) があって、これ、lete でやってたんだよねぇ、一人で(笑)。そのあと COUCH でトリオでもやってたけど、ついこないだラジオで本家がかかってて、こんな豪勢な曲だったのか・・・、と驚いてたとこ。いやータマコウォルズ版、めちゃめちゃカッコよかった!! あんまり盛り上がりすぎて、また 「灰になるまで」 に戻るとこ、久しぶりに、ああそうだった・・・!って思ったわ(笑)。

 タマコウォルズは盛り上げるだけじゃないのよ、じっくりと 【LOVETTA】 。バラードコーナー?と思ったらこのイントロ、 【TENIWOHA】 だぁー! これヤバイ、イントロだけでヤバイんだよ。もう椅子ミシミシ言わせて踊ってた。 【シナンノワザ】 は、うーん、吹っ飛んでおる・・・、で、 【からまわる男】 。ソロ回しがあったのはどっちだったかなー。今日はしょっぱなから踊りっぱなしだったとミーが、なんかあれは、歌ってた? あ、あたらしい・・・(笑)。

 あと今日は中原さんよく見える場所だったんだけど、随所に入る遊びがすごくゴキゲンなときの矢部さんを思い出して、嬉しそう!って思った。私実は、タマコウォルズのときの中原さんてあんまりよく観れてなくて、というのも他に見所が多すぎでっていう理由なんだけど、あれー前からこんな感じだったかなぁと、また思った。

 けどステージ上はいつもほど笑顔は多くなかったんだよなー、っていうのは、途中から西池さん音とりずらそうにしてたし、鳥羽さんは最初からずーっと横向いてて、どうやらステージ上の音の返り?が良くなかったみたい。けど、客席はバッチリだったー!・・・と言っても、私は音響的なこと分からないけど、少なくとも私はものすごい楽しめた、そりゃもうおかしいくらい!

 <セットリスト> 〜タマコの人々より
  01. ビュリフォー
  02. ばるぼら
  03. スケアクロウズ
  04. Moutain Hop(仮)
  05. 灰になるまで?Stand !(SLY & THE FAMILY STONE)
  06. LOVETTA
  07. TENIWOHA
  08. シナンノワザ
  09. からまわる男


■ Sardine Head

 最初、うわープログレかーと思って構えてしまったのだけど、おもしろかったー! 最初の 2曲くらいはちょっととっつきにくかったけど、あ、この曲は大丈夫、と思ってからは、すんなり入っていけた。むしろ全体的に可愛らしくてお茶目な印象。プログレって、超テクで変拍子でどーだーって感じでって思ってちょっと苦手だったんだけど、テクニックも全然嫌味じゃなかったし、変拍子って乗れちゃうとすごい気持ちいいんだなぁ。

 ギター 2人にベースにドラム、だったんだけど、ギターの音が時々、それはシンセですか?みたいな音がしたり、同じ人が弾いてるのにジャンルの違う人が弾いてるみたいに聴こえたり、曲も多種多様でおもしろかった。

 もちろん全部インストで、と思ってたら最後の方で、あら、歌うのね? しかも両端コーラスまで(笑)。それが 「あいーん♪」 って聴こえてすごいおかしかったのだ。いや、私は相当なソラミミストなのでよく分からないけど、確信犯的にそれをやっててもおかしくないって思えるくらい、とっつきやすい人たち。うーん、ちょっと自分内プログレの概念変わったかも。ていうか、このバンドが良かったってことなんだね、きっと。
posted by あや at 03:06| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | ライブ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タマコについてはアップが早い!気がする〜!なんかやっぱり6人揃う絵面には、鳥肌たちますね!登場する前の並んだ楽器たちを眺めてるだけで、興奮してきちゃいました。確かに途中のニシイケさんの音がとりずらそうな様子は、苦渋に満ちたお顔から私も分かった…。いかりや長介みたいな下唇になってたのを、真下から見ちまいましたもん…でもまぁそんな緊張感も含めてライヴですからね、乗り越えていく様もまたよろし!で、下の方で柔らかそうにお弾きになる姿は涎が垂れました〜。タイバンさんはずっと「サリドンヘッド」と思い込んでいて、旦那が鰯の頭ってことか?って言ってたので、あぁオイルサーディンの方か、頭痛にサリドンとは違うのね〜って前日気付きました。長々すみません。では3月、あやさんのためのタマコライヴ祭りでは、とくとあなた様のメケメケ状態を見届けたいと!よろすく〜
Posted by ばもす at 2009年02月12日 06:02
◎ばもすさん
うはは、アップが早いかどうかは私の体が空いてるか、あとは旦那が近くにいるかいないか、なんですねー。特にバンドによるもんではありまへんです。
いやなんかしかし、フルタマコ久しぶりだったような気がする! かっこええですよねぇ。
そっか、対バンさんは鰯の頭ですね。なぜに?どんな意味が? つうか、それではタマコウォルズはいったい・・・?(笑)。
もうー3月楽しみですねっ! それよりメケメケ状態って・・・なんだ?
Posted by あや at 2009年02月12日 20:39
タマコから脱線しますがあ〜、深い意味はないっす、メケメケ。美輪明宏が昔歌ったシャンソンで、フランス語の「それがどうしたってんだい?」の最初の2音節とかで…。まあ激しい恋の歌なんかなぁ。サザンのマンピーのGスポットにも「メケメケな世界」って出てくるんですが、私的には「愛に狂うあや嬢の姿態」という事で。この曲の歌詞の「芥川龍之介がスライを聴いて」ってのも何かのご縁か?3月はメケメケ祭りって事にしやしょう!
Posted by ばもす at 2009年02月12日 22:17
◎ばもすさん
そうかー、メケメケかー。なんかよく分からないけど分かったような気がしました!! アリガトウございます〜。
そうなんです、3月は私的には大変なんですよね。ちょっと今もうその予兆があって、メケメケ始まったみたい(笑)。わははー!
Posted by あや at 2009年02月13日 01:33
ライヴお疲れさまでした!現在、仕事&ぐるぐるで大忙しの“ほしぴー”でありまする(笑)。いやはや、あやさんとはカーネーションとタマコとCOUCH以外は趣味があいませんな(さらに笑)。タマコが抜群に良かっただけにSardine Headはイケませんでしたゾ。まずグレイトフル・デッドのようなテーパーがマイクを立てて我等が最前列の邪魔をする。バンド側が許しているのだけどオマエラのファンだけじゃないんだぞ。あー、ジャマ、ジャマ。で、始まった演奏だけど頭の中でしかグルーヴしないインストでデッドを気取ってやっている感じ。キング・クリムゾンの後期にも近い。つまんないリフの繰り返しも苦痛。トリップ・ミュージックと言えばカッコイイけど、ただ眠いだけ。テーパー用の音楽っていうか、音の分離がはっきりしていてドラムなんかも音を混ぜない。音楽あってのテーパーは許せるがテーパーのための音楽は許せないなぁ。特にタマコの90分があっという間だっただけに、この長さはたまらないものがあった。まぁ、逆にタマコの音の固まり、グルーヴはそんなテーパーさんたちには悪い音になってしまうんだけど、パワーやリフの良さはバツグンでその素晴らしさを再確認することにはなったんだけどね。あんなに気取って演奏しているのに曲のタイトルが「照れ!照れ!テレヴィジョン」じゃ笑らわずにはいられない。今週末からぐるぐる週間の2日おき3回ライヴの始まりじゃ。彼女達の楽しい音楽もSardine Headに聞かせてやりたいぜ!PS/今回は文句多いので削除して可です。
Posted by ほしぴー at 2009年02月13日 05:03
きゃあきゃあ!!
私もおかしいくらい!物凄く楽しめましたわ〜。
【Stand !】 往年のスライに負けず劣らず、今のタマコ版、カッコ良かったねえ。
そして、3月はやっぱりあやさん。あなたの月ですねェ!!!
ジャック達、キハラさんとご一緒だけでも凄いのに、ココに来てピートさんがゲストですか!?ハハハハハハ!!凄い。凄すぎる・・・
Posted by きょうこ at 2009年02月13日 11:25
◎ほしぴーさん
ほしぴーさんのこのお時間というのは早起き系じゃなくて寝てない系ですね。オツカレサマでございますー。まあ音楽なんて人の好みですからね。同じバンドが好きでも、そのどの辺りが好きなのかとか違いますし、得意不得意もありますよね。
私もプログレは苦手意識あって、Sardine Head も最初の 1〜2曲?はちょっと修行系(笑)でしたけど、全体的には全然オッケーでした。フレーズとか音とか可愛らしくてすっ呆けた感じで、あらなんかいんじゃない?・・・て、思いましたけどね、私は。
もちろんこれでプログレ克服したとは思ってませんし、私も苦手な音楽はまだまだあります。もにょにょーんていう宇宙からの交信的なやつとか、リズムとメロディがないのとかも苦手ですねぇ。まあそういうのがイイ!という人もいるわけで、世の中イロイロですな。

◎きょうこさん
そういえばきょうこさんとは音楽の趣味結構バッチシよねぇ。最近いろんなライブで一番一緒になるヒトかもしれない(笑)。Sardine Head への反応も私とほぼ同じだったしね。
うふふ、ピートさんは前からタマコウォルズにラブコール送ってるの知ってたのでいつかは実現するだろうと思ってたけど、やっぱ嬉しいなぁ。すごく楽しみ! これが、ジャック達と対バンの日だったらもっとオモシロかったけどね。新生ジャック達にサックスで参加!とか(笑)。
Posted by あや at 2009年02月13日 14:08
おおお、やっと読ませていただきましたー。ありがとうございます。
(なにせ事務所はセキュリティ?でブログが読めないので。。。)
文面から勝手に脳内で組み立てさせてもらってます。
セット見ると、上げて終わった感じだったのかなーとか、
今回はスライを噛ませたんだなー、くそー(!)とか。いろいろ。
JBマナーっぽいリフの「てにをは」は、抜群にかっこいいですよね!ぐっとくる。
ナカハラさんいつになく具沢山だったのですか。聴きたかったなあ。
でも、ということはオカズ並べる余裕があったってことかも。最近耳がこなれたせいか、
おっ!なフレーズが少なく感じていたので、それはいい便りです。次回が楽しみだ。
対バンはプログレ?だったのです??myspaceの最後のはいい感じでしたけど。
あ、変拍子苦手でしたか。ノレなそうでノレるツボを探り当てると堪らない筈ですよ。
いきなり「フル」タマコ初めで躓いてしまったので、これから挽回しないと。。。
Posted by ケイティ at 2009年02月14日 02:10
◎ケイティさん
そうですねー、かなりアゲアゲだったんじゃないかと思いますよ。終わってからもしばらくひゅーひゅー言ってましたわ。
中原さんね、そうなんです。前回からなーんか目が行っちゃうんですが、やっぱ矢部さんのことすごく研究したのかなぁなんて思ってます。て、これも妄想による先入観かもしれませんけどね。まさしく、おっ!って、何回か思いましたよー。
Sardine Head は、そう、MySpace に “Progressive” ってあってげげって思ったんですけど、そうそう最後のはいいなぁと私も思いました。たぶんコレ演ったと思います。このバンドの最終的なイメージはこの感じ。変拍子はそう!そのツボを初めて体感したかも的な(笑)。
今年のタマコウォルズはまだまだこれからですよ! 盛り上がっていきましょうね〜!
Posted by あや at 2009年02月14日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック