2009年03月02日

2/27 「共振」 act.3 @新宿red cloth

出演:直枝政広(カーネーション) /ミラーボールズ片山尚志片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ

F1000877.jpg  F1000876.jpg

 この日の東京は、雪! こんなに本格的に降ったのはこの冬初めてよ〜。ていうか、あんまりでかいので (直径 2センチとか) 綿ボコリがどかどか落ちてきてるみたいだった。結構長く降ってた割に全然積もらず、午後には雨に。でも寒かったー。

 ココ新宿レッドクロスは初めて。スケジュール見ると結構知った名前があるのでもう少し大きいところだと思ってた。ステージもちっちゃ! ライブハウスというよりお芝居をやるような雰囲気だ。

■片山尚志

 あったかい京都から札幌より寒いトウキョウにやってきた、という、片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティのヴォーカルさん。予備知識もなんもなかったのだけど、1曲目からすごい好みの曲で早速つかまれる〜。弱いんだ、こういう低い位置でのかき鳴らし系、の早口系。この曲だけでなく、いろんなタイプの曲、どれもすごく良くて、久しぶりに若いコでいいなぁと思った。

 断片的にしか分からないけど、歌っている内容も私好み?だし MC もいいし、あ、私絶対この子好きだわーと思った。しかもカッコイイし♪ 特に目がね、すごくキレイ。で、私にとっては重要な、声、なんだけど、これもねー、どこかちょっと引っかかる独特の声で、これまた好み(笑)。なーんかあんまり完璧すぎてちょっと物足りないくらいだよ。

 で、最後の曲でふと思ったんだけど、私この人、ラジオで聞いて声に引っかかって調べてブログにたどり着いた・・・人かもしれない。でもこの曲はまだ音源になってないみたいなんだよなあ。気のせいかなぁ。・・・というくらいとても良かった。バンドも観てみたいなぁ。

■ミラーボールズ

 アコギの男女デュオ。ここはもともとアコースティックなのだね。こちらも何の予備知識もなかったんだけど、これがなんていうか・・・、強烈だったなぁ。ものすごーくヘンで、クセになるというか、やめられないというか。「妖怪ではありません・・・」 なんて言ってたけど、確かに妖怪系・・・(笑)。

 特に印象的なのは女の子の声。子どものようで不安定で、でもそれが不思議な魅力。やーすごくイイんだわ。曲調は重ためマイナーコード。ギターもすごく好きな感じで、男の子の弾くソロというかリード?がイイ! でもいいフレーズ弾いてるなぁと思うと何故か後ろ向いてたりして(笑)、なーんかゆらゆら不思議な動きをする2人。男の子、裸足だし。で、ときどきふたり、背中合わせっ♪な感じが可愛いの(笑)。

 「今日はこのあと、直枝さんですが、その前に、ミラーボールズという、難関が・・・」 (爆笑!) なんていう不思議なおしゃべりも、すごいおもしろかった。この天然なとこがね、たまらないなー。直枝さんもずいぶん気に入ったようで、楽屋で2人のやることにいちいち爆笑してたらしい。直枝さんのコーナーでもかなり嬉しそうに彼らの話してた。あーほんとおもしろかったよ。また観たい!

■直枝政広

 セッティングでエレキが登場したのでちょっとビックリ。すごい久しぶり〜! てことは最近の弾き語りとは違った感じになるだろうな、さっきも楽屋で直枝さんがガハハハ(←というか、独特なあの笑いね。表記できない・・・) いってて超ゴキゲンそうだし、なんとなく今日ははっちゃけてくのかなぁ、という予感。はしてた。一応ね。

 だけど、登場した直枝さんはいつものソロのときと同じく緊張感にあふれてる感じ。いつもより少し時間をかけてセッティング。【コズミック・シー】 〜 【Willow in Space】 は、エレキだけどアコギのときとそんなに変わらなかったかな。そして今日は、 【OHH! BABY】 が胸に沁みた〜!

  きっとどこかに抜け道があるよね
  新しい鍵を探しに出かけよう


 この曲なんか、ちっとも久しぶりなわけじゃないのに、やっぱね、そのときによって引っかかる曲、歌詞が違うんだなぁ。今日の 「OHH! BABY」、すごーく良かった!

 今日エレキなのは、 「エレキでお願いしたい」 というオファーがあったからなのだとか。トリオになってからはなるべく弾き語りはアコギで、だったらしい。なぜならエレキだと、「弾き語り」というより、他の人がいない、というマイナスなイメージに取られちゃうから・・・みたいな話。ええーそうだったんだ? 「探りながらですけど、どうですか、耳痛くないですか? 大丈夫? ・・・これから痛くなりますからね」と(笑)。

 20数年ぶり、という 【恋は底ぬけ】 は、最初何の曲かわからなかった。ビックリしたー。そして 【ロングシュート】 で、わあっ!となる。「青春って 1,2,3,ジャンープ!」 したかったけど後ろの雰囲気が読めず自粛。音量も上がってきて耳いたくなってきたぞっ!(←アンプ直撃)。

 そして 【REAL MAN】 。ああもう、これだね。今こそ、これほど聴きたい曲はないよね、と、聴いて思った。私が聴きたいんじゃない、直枝さんが今、この歌を歌ったことが嬉しかった。 【ロリータ】 では、途中インプロに突入して、ん?このまま別の曲に行くのかなーって思ったよ。戻ったときはタマコかよ!と(笑)。

 そして、ひと鳴らしでうひゃー!と思ったんだけど、またインプロに入ったのであら違ったかしら?と思ったらやっぱり、【さざなみ】!!!!! こーれスゴカッタ!! ひとりさざなみってそれだけでもスゴイけど、カーネーションのときみたいなのとは違うんだ。歌はあんな感じのもっとぶちきれててもっと叫んでるバージョン (てどんなよ:笑) なんだけど、ギターよギター! これがもう、爆音でギュインギュインで、床だんだん鳴らしたり、髪振り乱してフラッ・・・とかなっちゃったり、最初はちょっとおののいちゃったけど、そのうちこっちもたまらなくなって、きゃあきゃあ叫びっぱなしの笑いっぱなし。きゃーー!かっこいいー!耳いたーい!(笑)。

 ぜいぜい・・・。アンコール 【ANGEL】 は、打って変わってエレキだけどもすこししっとり。アコギかき鳴らしとも違って初めて聴く感じ。と思わせといて、やっぱりだんだん熱くなり、音もでかくなっていくのだった。

  <セットリスト> 〜 オフィより
   1. コズミック・シーのランチ・タイム
   2. OOH! BABY
   3. Willow in Space
   4. 恋は底ぬけ
   5. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう(岡村靖幸)
   6. REAL MAN
   7. テレビ塔のロリータ
   8. WILD FANTASY
   9. 愛のさざなみ

   En. ANGEL

 あーースゴカッタ・・・! てか、ぶっ飛んでておもしろかった!! 私の印象では、12月の弾き語りと対極という感じ。このときはメロメロ〜にトロットロ〜で、直枝さん曰く 「眠くなっちゃいそうな」 雰囲気だったけど、今回はガッツンガッツンでギュインギュインで耳がいたくなるくらいの爆音弾き語り、いや、弾き叫び?(笑)。インプロも超ー冴えてた。 「弾き語りの常識を超える」 だっけ。こーんな弾き語り観たことないよ! もうーほんっとやること極端なんだから(笑)。

* * *

 終わって数人でご飯を食べにいったんだけど、同じライブを観てるのに、印象がそれぞれに違うことに驚いた。そしてそれは、きっとライブを観る前からもともと持っている気持ちによるものなんだろうなーと思った。みんなが自分の中にカーネーションを持っていて、それぞれ真剣に向き合っている。

 私は今回、とても強い 「スタート」 とか 「挑戦」 とか、そういうものを受け取った。それはこの記事にも書いたように、2人のカーネーションの写真を見たときに、「寂しい」 ではなく、「スタート」 だと感じることができたから、かな。もちろん、違った感じ方をした人もいたと思う。ふと、9月のリキッドで私が感じたことを思い出した。受け取る側の心の状態によって、届いてくるものが違う。それぞれが、その人にとっては真実で、とても大切なものなんだ。

 そうそう、今回大田さんが観に来てたんだよー。珍しい〜。もしかしたらいつか(←青山さん&西村さん@大阪)のときみたいに、カーテンぺろってめくったらアンプが隠れてて・・・なんてこと考えたけど、それはなかった(笑)。普通に観に来てたみたい。

  これからのことは想像できない
  来たるべき時の流れにまかせて
  遊んで暮らそう


 たのしみなのだー!
posted by あや at 03:18| Comment(6) | TrackBack(0) | ライブ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ〜(^^;)直枝さんの「恋は底ぬけ」はびっくり!聞きたかったです(^^;)僕もオフィシャルの2人の写真を見て「あ、これは大丈夫なんじゃないか」と感じました。また新しいスタートなんですね、確かに。

ところで、あやさんの記事を読んでいたらミラーボールズが気になってきたじゃないですか(^^;)
Posted by めんちかつ at 2009年03月02日 18:34
めんちかつさん、こんばんわー。
ほんとビックリですよー、「恋は底抜け」! でもこの曲と分かるまでに少し時間がかかってしまい、うおー!となるタイミングを逃してしまってました。ううむ、まだまだだな(笑)。
オフィシャルのあの写真はほんといい写真ですね。私はこれまでのどの写真より、彼らそのもの、という気がしてとても好きです。
ミラーボールズ、おもしろかったですよー。検索したら YouTube か何か動画が出てきたような。と、気にしつつ、私まだ観れてませんが。あれは癖になりますわー。あの直枝さんの気に入りようだと、今後何か一緒にやってくれないかしら、と期待してしまいます(笑)。
Posted by あや at 2009年03月03日 04:03
あー、直枝さん見たかったです(気持ちだけで身体がついていかん!)。
ソロの「愛のさざなみ」ってどんなんだろう。
そうそう“紅布”はちっちゃいんですぅ。
それにイヴェントが終わると同時にステージのシャッターが
閉まっちゃうんですね。
なんかのCMで似たようなのがありました(笑)。

“紅布”はぐるぐる確認にいった想い出のライヴハウス。
メンバーともガッツリ(2人)お話したのであった。
しかしその時点ではこんなになるとは思ってもいなかったです(笑)。

ぐるぐるなければ直枝さん行っているところです。
世の中、何が起るかわからない。あー、面白い。

Posted by ぐるぐる紅布卿 at 2009年03月03日 06:12
ぐるぐる紅布卿さん(笑)、こんばんはー。
カーネーションの 「愛のさざなみ」 でも常識をはるかに超えてると思いますが、それが標準になってるカーネーションファンでもぶっ飛んでしまうほどでした。しびれたなぁー。
そう、シャッター下りて来てビックリしましたよ。開演前は真っ暗だったので、終演後にステージの写真撮ろうと思ったんですが、私のケータイ、立ち上がるのがものすごい遅いので、間に合いませんでした(笑)。
red cloth 、可愛らしいハコでしたね。ぐるぐるちゃん似合いそうかも。パワステのあった日清食品のすぐ近くなんですよね。当時、整理番号呼ばれるまで溜まってた場所が歩道そのものになってて、時間が経ったんだなーとしみじみ思いました。遠目に見ると変わってなさそな建物ですが、道路が拡張されたんですなー。
Posted by あや at 2009年03月03日 23:29
そうそう!!【REAL MAN】。ある意味この日のポイントはこの曲かも。私の中でも聴きながら色々と噛みしめていたのですが。やるなあ。直枝さんって。

でも【愛のさざなみ】で一気にぶっとんでしまいましたもので・・・私もきゃあきゃあ叫びまくって笑いまくっていました。やってくれるわ。直枝さん!!!って。

スタートしてますね。オフィシャルの写真も沁みます。

『ジェイソン』のジャケットも超・超イケてるし!!!予約しなくちゃ!!!
Posted by きょうこ at 2009年03月06日 10:55
◎きょうこさん
【REAL MAN】 、嬉しかったですねー。この曲も久しぶりだったわけじゃないけど、なんか伝わってくるものがいつもと違った。まあこれも、自分の拾いたいところを拾ってるだけかもしれないけどね。そう、オフィシャルのあの写真にすごく通じる感じがしたの。いろいろ楽しみだなあ。
しっかし 【愛のさざなみ】 はビックリでしたなー。歌もアクションもずごい派手だったけど、ギターが相当カッコよかったよね。しびれたわ〜。
『ジェイソン』 のジャケもでたね! かわいい〜。予約はどこでするのがいいのかなー? インストアとか特典とか、ないのかなー?
Posted by あや at 2009年03月07日 03:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック