2009年03月31日

3/29 ZAPPA PLAYS ZAPPA再来日公演記念トークショー @ディスクユニオンお茶の水駅前店

大山甲日(『大ザッパ論』)vs 直枝政広(カーネーション)
ザッパ最新ディスクガイドジョッキー

F1000919.jpg  F1000921.jpg

 ザッパについては恥ずかしいくらいに何も知らないワタクシですが、とりあえず直枝さんが来なさいというからには行くのです。ちょっとした手違いで地図も持たずに行く羽目になって、だいじょぶかしらんと心配したけど、改札でたらすぐソコだった。このお店の一体どこで?と思ったら、売り場の棚を寄せて椅子を並べて。けどたぶん半分くらいは立ち見だったかねー。カーネーションのファンは思ったほどは来てなかった。超ミーハーでごめん。

 いやあ、ザッパについては本当に何も知らなかったけど、普通の人が知ってるくらいに知ってたって、たぶん全然付いてけないくらいのものすごいディープなお話だったよ。大山さんがとにかくものすごいディープで、話し出したら止まらない(笑)。もうね、話しながら涙ぐんでるんじゃないかしらって言うくらい、まったくラブリーなおじさんだった。恐らく直枝さんの切り口とは違う聴きかたをしているようで、直枝さんも興味深そうに、どっちかというと聞き役で。

 しかし、聞けば聞くほど、ザッパは深い、というより、終わらないんだね。既出の音源はベースだけあとから差し替えたもので、ホントのオリジナルはこっちなんだとか、収録時間の都合でフェイドアウトになったけど、こっちはフルバージョンで聴けるのだとか、モトの音源のギターソロだけ差し替えてるとか (←どこかに嘘があるかも)、聞いてるだけで笑ってしまう。これはもう、もしね、そんなことがカーネーションであるのなら、やっぱり私も隅から隅まで買うんだろうなぁ、レジ前でうなだれながら(笑)。

 トークショーが終わると来月に発売になる 「ジェイソン」 が店内でかかってたもんで、イロイロ物色しながら少し聴いてたんだけど、大山さんの周りには不思議なおじさんたちのグループが。うくくく、なんだかとてもほほえましい。愛すべきおじさんたち (もちろん直枝さん含む)。そういえば 「ジェイソン」 は、ザッパファンなら思わずニヤリとしてしまうとかなんとか。そういう話はやっぱ置いてかれたようで悔しいわねぇ。2002 Version まで聴いて、Short Version 待たずに出てきちゃったけど、ま、買うんだし(笑)、あとは発売を楽しみにしてよう〜。
posted by あや at 02:50| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントにね、行ってもいいのかな〜と思いつつ、後方でこっそり聞く分にはいいかと思って行きましたが、大山さん、面白い人でしたね。(ジョンとヨーコの話とか、日本でリリースはあるのか手紙を送って確かめた、とか)

BGM、ザッパではなく、イベント前にはリビラビ、イベント後にはジェイソンとうれしいサービス(←単に宣伝?)
ますます、ジェイソンのリリース待ちきれないわ〜。
(で、うなだれることはないんですが、ユニオンでも買うとしますかね?)
Posted by yama at 2009年03月31日 12:25
yamaちゃん、どもー。
そうそう、エピソードがいちいち真剣で力いっぱいでよかったよね。>大山さん
BGM、嬉しかったねー。カーネーションファンよりザッパファンの方が多かったのに・・・あ、だからか!? 一体あのどこの何がザッパなのか、是非うかがいたいものですわ。
リリース前のこのワクワク、久しぶり〜。そうねそうね、ユニオンでも買いましょうかね。まだうなだれないよー。ドンと来いー(笑)。
Posted by あや at 2009年04月01日 01:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック