2009年05月20日

“「ジェイソン」発売記念” Spring Tour 2009

 「ジェイソン」ツアー、時系列がめちゃめちゃになってるので、未来の自分のためにインデックス的に。

  ・ 4/17 カーネーション @名古屋TOKUZO (5/2 更新)
  ・ 4/18 カーネーション インストアイベント @タワーレコード難波店 (5/12 更新)
  ・ 4/19 カーネーション @大阪ルイード (5/17 更新)
  ・ 4/26 カーネーション @東京キネマ倶楽部 (4/29 更新)

 <プレ公演>
  ・ 3/22 カーネーション @Zher the ZOO YOYOGI

* * *

 まとめっぽいことは最後に書いた大阪の記事にすこーし書いたけど、今回のツアーというのは、プレ公演含めて 4公演のどこがどう、というよりも、もっと大きな流れの中で、ツアー全体がとても幸せに満ちてて、ってなんかしょぼい言葉しか見つからないんだけど、ツアー始まる前に予感がしたとおり、私にとってすごーく大切なツアーになったなあ、と思う。

 前回のリリース 2006年の 『Wild Fantasy』 ツアー 〜 年末の 『ROCK LOVE』 くらいかな、それ以降、2007年からは少し、カーネーションはその活動から距離を置いたというか、 「毎日会いたいの!」 っていう私みたいなファンからしたら試練の時期だった。その間も、何をしているのかというのは大体分かってはいたけれど、いつも心ここにあらず、ではないけれども、今は違う場所にいる、っていうのを感じてた。もうーひとりで寂しかったり不安になったり自信をなくしたり、まあある意味鍛えられたっつうか。

 それが、なんていうかなぁ。「お待たせっ!」 みたいな感じ? 語られていなかったことも少しずつ語られるようになって、こんなこと言っちゃイケナイ、こんなこと聞いちゃイケナイ、みたいなのがなくなって、やっと、しっかと見つめ合って直に手を取り合ってわぁーーい!ってなれた、ような気がしてる。

 大阪の記事の中でも引っ張ったけど、ツアーを終えた直枝さんの日記より。

   絶滅の日は来ない。
   これが夜明けのような瞬間であればいい。
ドンキー日記 4月26日より〜 
 この言葉の中に、どれだけの想いが詰まっているんだろう。そして私の中から、どれだけの気持ちを引っ張り出したろう。カーネーションを好きでいると、どうしようもなく泣きたくなる瞬間ていうのが何度もあって、それは喜怒哀楽のどれにも当てはまらないような感情で、ただ、カーネーションを好きでよかったなぁと、これからもずっと好きでいたいなぁと、じわーんという気持ちになる。

 「バンドは生き物なんだ 人生と一緒だ」 って直枝さんは言ってる。そりゃあいろいろあるわ。なきゃウソだもん。それをなんかテキトウにカッコつけてみせることもできるかもしれないけどさ、でもカーネーションはリアルに真剣に生きてる。はじまりの瞬間は何度もあるけど、終わったことなんか一度もないもんね。だからどんなときもちゃんと見てなきゃなーって思う。今までもこれからも、私だってずっと愛してるんだぜバカヤロー!

 ・・・と、熱くなったついでに、今回の 『ジェイソン』 で大騒ぎした馬鹿記事たちインデックス。

  ・ 4/11 ジェイソン、ジェイソン
  ・ 4/15 4/15 『ジェイソン』 発売!!
  ・ 4/21 ジェイソンパワー炸裂!
  ・ 4/24 カーネーション 「ジェイソン」 オリコン 41位!?

 ついでに、『ジェイソン』 Web・インタビューまとめ。

  ・ カーネーション 『ジェイソン』 オフィシャルサイト
  ・ ナタリー [Power Push] カーネーション スペシャルコンテンツ
  ・ MUSIC SHELF 「カーネーションは枯れない」
  ・ WEB JUICE カーネーション

 最後の 「WEB JUICE」 は、JUICE MAGAZINE の Web版。雑誌とまったく同じ内容だった。これ、直枝さんの日記 4/21 の取材っていうのがそうだとすると、たぶん一番新しいインタビューだね (・・・にしちゃ本になるの早いような気もするが)。これは直枝さん一人のインタビューで、割と要約されてる感があるけど、今のライブの手応えとかどんな感じでやってるとか大田さんのこととか書いてあって、イイですわよ。

 というわけで、カーネーションは今後 JUICE のイベント出演の後はレコーディングーーなのかな? 今年はフェスも学祭もカモンカモンなので今後のスケジュールも気になるところ。楽しみだなあ。うふうふ。
posted by あや at 00:32| Comment(4) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、すごいね、あやさん!!静かにジーンと感動してしまいました。
4/26の「ドンキー日記」の直枝さんの言葉もかなり相当に強い、と思った。自分の周りでも
何かやばい事が起きたら、まんまこんな風に言えたら格好いい!なんて事も思った。
最近、個人的に凹み気味だったのですが、何だかちょっと元気でてきましたよ。光が見えるぜ。
ありがとう(ううう)。
Posted by カンガルー女 at 2009年05月20日 23:20
カンガルー女さん、コンバンハ。
あららら凹み中なんですか? 何があったか存じませぬが、元気出してもらえたなら嬉しいです。
直枝さんの今の、迷いのない感じってすごくイイですよね。けど、いろいろあって、べこべこに凹んでるときもあるんだろうなぁって思うから、よけいに胸に届くんだろうと思います。
ダイジョーブ、凹むことがあるから尖れるんですよ、きっと。て、超楽天的でスミマセン!
Posted by あや at 2009年05月21日 01:13
はぁ〜〜、なんてステキな記事なんだよぉっ!
あやさんありがとう。私もカーネーションに対して泣きたくなる瞬間が今までにたくさんあって、それが何かということがうまく説明できなかったんだよね。
あやさんの持つ、彼らに対しての感情(てか愛情、だね)は私もすごく近くて「そう!そうなのよ!」と声を大きくして言いたくなる。だから2人で語りだすと(妄想含めて)止まらないんだよね(笑)。
ここまで思わせてくれるバンドって他にはそうそうないんだよなぁー。
いまの真っ直ぐなカーネーション、本当に潔くて格好いいよね。
JUICEのイベントは私は無理っぽいんだけど、これからもどんどん追い続けるよ〜。
Posted by ツカサ at 2009年05月23日 18:52
ツカサさん、どうも〜。
ねねね、実際に泣いちゃうのとはちょっと違うんだよね。なんだか泣けちゃう感じ? そうなのよー、説明できないんだよね。
たぶん、ファンの中にはそれぞれのカーネーションがあると思うんだけど、それが私とツカサさんのは似てるんだよね。ツボが一緒っていうのかなー。そう、確かに二人で語ってると止まらない(笑)。
私たちの関わり方っていうのは、単なるバンドとファンじゃないんだよね。ちょっと重いかなーと自分で思うこともあるんだけど、こういう想いにもちゃんと応えてくれる。いろんな時期を見てきたけど、今のカーネーション、すごくイイよね!
JUICE のイベントは残念・・・。けど今年はいろいろありそうだし、また一緒に追っかけよーー! 久しぶりにもうちょっと遠くへも行きたいよねぇ〜(笑)。
Posted by あや at 2009年05月24日 02:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119821252

この記事へのトラックバック