2017年08月26日

直枝さんのお誕生日♪に思うこと 【13】

 今年もこの日がやってきました。ついに丸一年、一度も更新しなかったこの場所で、今年も書きますひっそりと。直枝さん、お誕生日おめでとうございます! 書き始めて 13年、わー今ブームな Thirteen だ。なんつて。← Big Star のカバーね。(数年後の自分へ)

 それではいつものインデックス、あとで読み返す自分のために過去記事ペタン。
(2005年 【1】、2006年 【2】、2007年 【3】、2008年 【4】、2009年 【5】、2010年 【6】、2011年 【7】、2012年 【8】、2013年 【9】、2014年 【10】、2015年 【11】 、2016年 【12】

* * *

 去年はアルバム 「Multimodal Sentiment」 発売の直後だったんだね。今年はもうすぐ、「Suburban Baroque」 が発売、というタイミング。こんなにすぐに新しいアルバムが聴けることになるとは思ってなかったのでほんとのこと言うと驚いた。そして、あーー今は作りたい気持ちなのかな!とそれが嬉しかったりしたのだけど、ライヴも続けながらの創作活動、気が付けば締め切り間近で 「なーんでやるって言っちゃったんだろうな」 と思ったくらい大変だったと話してくれた。相変わらず M ですね!(笑)。

 本当に丸一年、ココに何にも書いていなかったので、「Multimodal Sentiment」 について書いておくと、このアルバムは初聴の印象からどんどん違うものに変わっていった。最初は文字どおり、様々な感情が入り込んできてとても苦しくなってしまったのだけど、聴き込むうちに、なんでそんな風に思ったんだろう?ていうくらいどんどん楽しいものになっていった。なんか、浄化されるってこういうことを言うのかなあ。ほんとうに不思議なアルバムです。こんなことって初めてかも。

 ツアーもすっごく良かった! ハリーと松江くんとしゅがちで、信じられないくらいモリモリに盛り上がった。バンドがどんどんすごいことになっていくのが目に見えたもの。個人的にはずっと最高だった 2006年の Wild Fantasy ツアーを超えたかもしれないなあ。余韻の中で、しばらくこのメンバー固定でやってほしいとほんとに思った。だけど、同じところにはいないカーネーション、そうするだろうなって思ったとおり、どんどん変わり続けている。

 そんな中で矢部さんがー! ああもうなんてニュースな 1年だったんだろ、それなのになんで私は記録できてないんだろ。語っても語っても語りつくせない MUSEMENT のクアトロワンマン(泣きながら割愛)。その辺りから徐々に矢部さんが絡むようになってきて、アルバムの録音に参加! さらにツアーまるまるサポート!! というのだからもうね、たまらないなあ。こんな日が来ればいいなと思っていたけど、本当ーーに嬉しい!

 でもね、ツイッタでは何回も書いてるけど、今のカーネーションはふたりなんだよね。ふたりカーネーションが確立しているから、誰が来ても大丈夫! なの。そして誰が来ても、ただのサポートさんなんじゃなくて、毎回ちゃんと「バンド」になる。その人でなきゃだめ!て思えるくらいのバンドになる。そこがすごいなあと思うし、毎回楽しみなところでもある。ほんと前にしか進んでないよね。

 だから、これからそういう形で矢部さんを観ることができるのが嬉しい。もちろん矢部さんは特別だよ。だけど、元カーネーションの矢部さんなだけでなく、ドラマーとしての矢部さんを、今だから、迎えようと思ったのかなあと、思った。ああ、この一年はそういう一年だったのかもしれないなあ。

 この秋博文さんのバックで鳥羽さん棚谷さんとまさかの 5人集結? というニュース。これもね、カーネーションを好きになって 20ウン年、いろんなことが駆け巡って思わず涙出ちゃったけど、やっぱりそうなのかなって思った。今だから、また 5人でやってみようと思ったのかなって。ていうかいや、今回はカーネーションではないけど(汗)、これを足掛かりにして、近い将来、この 5人のカーネーションが観られたらいいなあと思わずにはいられない。絶対に、懐かしいだけの 5人ではないはずなんだ。

* * *

 もうすぐ発売の「Suburban Baroque」 については、また追々…と思っていたのだけど、会報を読んだらちょっと書かずにはいられなくなった(笑)。だって! ジャケット撮影が群馬県太田市ですって!? もうービックリだよ〜、だってここはほぼ私の生まれ故郷、正確にはその隣の町だけど、子供の頃から家族で買い物と言えば太田だし、高校3年間通った街である。ジャケットの撮影現場は普段通らないところだけど、会報の表紙のお店はよく自転車で通ったところだなあ、全然記憶にないけど、30年前もきっとあったんだろう。ちなみにどちらもニューイヤー駅伝のコースであるよ、第4区。

 あの街は郊外というか、そうとも呼べないただの田舎だと思っていたので、直枝さんのイメージする郊外がこの街の風景にマッチしたというのは驚きだったし、とーーっても嬉しかった。アー写に一緒に写っている車がスバルの限定車とのこと、この街にはスバルの工場があるからその関係もあるのかな? ブックレットに他にどんな写真が載っているのかも楽しみ。巡礼しないと!

* * *

 あああなんだか書きすぎた。書きすぎてどうやって終わったらいいのかわからなくなった(笑)。実はこの26日、記事をアップしたら一眠りして熊本へ飛ぶ。直枝さんたちは車で移動とのこと、…もう着いたかな? 今回は久しぶりの藤井くんと、西荻でちょっとだけ観た黒猫岡本くんがとっても楽しみだよ。これよ、これなのよ、今のカーネーションは。

 ということで、アップするだけに準備してあったのにガッツリ書きなおしてしまったよ。久しぶりに新聞屋さんのバイクの音を聞いた。なつかしいな(笑)。

 直枝さん、お誕生日おめでとうございます。いろいろお楽しみをありがとうございます。毎年書いてるけど書かずにいられない。健康に気を付けて(笑)、いや笑い事じゃないのですが本当に。というわけで、これから追っかけますからね! ← もう寝ない
posted by あや at 05:49| Comment(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: