2012年08月26日

直枝さんのお誕生日♪に思うこと 【8】

 いやあ、【8】 でございます。ここ最近は本当にブログも書けなくなって、ついに 2011年のライブのまとめも書けなくなってしまったわけだけど、やっぱりこれだけは書いておきたい!ということで今年も書きます。

 直枝さん、お誕生日おめでとうございます〜! とか言って、今年はついにお誕生日当日ライブ。なんかすっげー恥ずかしいんですけど…。いや、だいたいこうして PC 前にしてる時とライヴなどでご本人目の前にしてるときはモードが違うからきっと大丈夫だ。寝て起きたらこんな記事アップしたことも忘れて、というより、宿題終えたみたいな気持ちでウキウキ江ノ島に出かけるのだろう。

 取りあえずいつものように、あとで読み返す自分のために過去記事ペタン。 (2005年 【1】、2006年 【2】、2007年 【3】、2008年 【4】、2009年 【5】、2010年 【6】、2011年 【7】

* * *

 こうして毎年同じ日に記事をアップできるのは、直前に夏休みがあるからです。実家でゆっくり、これまで書いてきたお誕生日の記事(全部は無理だった)と、1年分のカーネーションのライブを振り返った…、と言っても、セットリストもアップしていないのもあったりして、この 1年、自分がどんだけ余裕なかったか分かるなぁ…。

 去年の記事を見ると、すでに新作モード、となっている。てことは、この 1年は基本的に新作だったんだな。そのつもりが、ミニアルバム 『UTOPIA』 が先行販売となった、ということだね。

 ミニアルバム 『UTOPIA』 については、私は今までのように、すぐに受け止めることができなかった、というのが、たぶん今初めて話す本当のこと。というか、どう受け止めたらいいかが分からなかった。それを、どう伝えればいいのかも分からなかった。

 今思うのは、たぶんものすごく正直なアルバムだったからだろう。その正直さに圧倒されて、逆に自分は逃げているな、という風に感じたりもした。真剣に作られたアルバムだから、真剣に受け止めたかった。けど、自分自身の考えがまとまらなかった時期でもあり、パワーの足りなかった時期でもあり。

 けど、すごく強いなーと思ったのだ。そんな風に感じたことをそのまんま形にできることに。そしてやっぱり、こんな風に胸にヒリヒリと伝わってきたのは、カーネーションの他にはなかったんだよね。どんな形にしろ、それを受け取って自分が感じたことは記録しておきたいと思っていたから、今さらだけどココに書けて良かったわ。

 …と、ミニアルバム 『UTOPIA』 についてはそんな感じだったんだけど、この UTOPIA ツアーがすごーい楽しかったのだ! 読み返してみると、なんかハリーの存在がすごいいい「風」みたいになってる気がする。ハリーのあの笑顔だったり、常にビックリマーク!! のテンションだったり、物怖じしない “やんちゃさ” というのかな、そういうのが、個人的にもすごく有り難かった。

 ともすれば重ーくなっちゃいそうな直枝さんを、大田さんはそのまんま大きく包むような存在で、ハリーはそのふたりをまるごと、だはははーーー!って笑いながら楽しい方へ引っ張って行っているみたいな、そんな風に見える。なんか、なんだろうね、そんな風に思ったのは初めてのこと。それはもちろん今も続いてるんだけど、なんかすごく、思いもしなかった方向に引っ張られてるような感じで、それをふたりも楽しんでいるような感じがして嬉しい。

 それから 『天国と地獄』 。これも楽しかった! これについては記事書けてるな。これは去年の記事を読んで、なるほどーと思ったけど、耳鼻 → ホプキンス に続く、あの頃の自分を振り返って確かめるシリーズなのだね。けど、それまでと違うのは、これは求められて実現したってことなんだよね。そのあとの 『夏の便り』 もそうだった。

 『天国と地獄』 の記事にも書いたけど、終わったあとに直枝さんのツイートにじーんとした。

 「楽しかった。ありがとう。カーネーションは新作アルバムの録音作業に戻ります。直枝」
 (公式 Twitter

 なんてことないツイートだけどね、一緒に 20年前に戻ってお祭りを楽しんだけど、ココは本来自分たちのいるところではない、ということ。タイムマシーンに乗って未来に戻る。そして私たちはその少し手前で降りるのだ。その時間の感覚が、すごく面白いなぁと思った。

 アルバム製作中っていうのは特にそうなのよ。直枝さんたちは今、私たちの知らない 「未来」 に居るんだってことが分かっている。数年前のゴタゴタしてた時は、いろんなことがほぼリアルタイムに伝わってきたから、同じ場所に居て一緒に闘ってるみたいな気持ちになってたけど、本来バンドとファンの形ってそうなんだよね。

 新しいアルバムの詳細が発表になって、トラックリストと直枝さんのコメントを何度も眺めながら、どんなアルバムなんだろう?って思いを巡らしてる。この 『SWEET ROMANCE』 には、今の時点では 「未来」 というキーワードが出てきてる。ミニアルバム 『UTOPIA』 を経ての「未来」。

 ようやく気持ちを先に定めつつ、改めて 『Velvet Velvet』 を聴いてみて、このアルバムには 「過去」 とか 「記憶」 っていうキーワードがあるなあということに気が付いた。とてもあったかくて大好きなアルバムで、 「次のアルバム」 という言葉が出てきたときには、まだここから出たくないって思ったくらい。だから今、名残惜しむように大事に聴いてるよ。そうして、 『SWEET ROMANCE』 を迎えようかなあと思って。

* * *

ええと、いつも何か歌詞を引っ張ってきているから今年もひとつ。

 このままきみがぼくを忘れないように歌うよ

先日、 『夏の便り』 で久しぶりに演奏された 【恋の不思議惑星】 より。大阪では気づかなかったけど、渋谷でこのフレーズが入ってきたとき、「うわ〜、ご、ごめん!」 て思ってしまった。もちろん歌った方はこんなフレーズ拾われるとは思ってないと思うけどね。こういう、拾ってしまうフレーズというのは、自分の中に引っ張るものがあるからだって私は思ってるんだけど。

 私にとって、直枝さんとカーネーションは大前提なのです。それはそう決めたから。3年前の記事に 「恋人と結婚しようと決める」 みたいなこと書いたけど、それはもう揺るがないもの。新しいアルバムの製作中で、気持ちは少し先に行っちゃっているという寂しさはあったけど、なんというかな、今は大丈夫だって思う。ライヴでの表情や、いろんな人が周りに集まってきているのを見てても、今は直枝さんにとって刺激的で楽しいときだろうなーって思ってたから。

 もうすぐ、もうすぐだ。やっと、直枝さんたちが見ていた景色を私たちも見ることができる。なんか、長い航海から久しぶりに帰ってくるような感じ。長い旅の中で見たこと感じたこと、いろんな話を早くきかせてほしいな。私たちはもう、港で待ち構えています(笑)。

 そしてツアー! いやーもう、私のカーネーション人生始まって以来の大変なことになっているよ。私もがんばるから直枝さんも大田さんも、みなさんもがんばろう(笑)。

 カーネーション 『SWEET ROMANCE』 2012年9月19日(水)発売

   01. Spike & Me
   02. I LOVE YOU
   03. In Dreams
   04. なんかへん
   05. Station
   06. Bye Bye
   07. Gimme Something, I Need Your Lovin'
   08. 口笛ふいて
   09. UTOPIA
   10. 未来図
   11. 遠くへ
   12. Bye Bye(Reprise)

 CARNATION tour 2012 "SWEET ROMANCE"

   2012年10月06日(土)【大阪】梅田 Shangri-La
   2012年10月07日(日)【鳥取】AFTER HOURS
   2012年10月08日(月・祝)【岡山】Desperado

   2012年10月20日(土)【福岡】博多 DRUM Legend
   2012年10月21日(日)【熊本】熊本 BE-9 V2

   2012年10月27日(土)【山梨】甲府 桜座
   2012年10月28日(日)【長野】ネオンホール

   2012年11月09日(金)【富山】総曲輪かふぇ橙 (ACOUSTIC LIVE)
   2012年11月10日(土)【金沢】AZ 
   2012年11月11日(日)【名古屋】TOKUZO

   2012年11月17日(土)【北海道】札幌 COLONY
   2012年11月18日(日)【北海道】旭川 CASINO DRIVE

   2012年11月24日(土)【宮城】仙台 enn 3rd
   2012年11月25日(日)【宮城】石巻 La Strada

   2012年12月08日(土)【東京】渋谷 WWW

 はああ…大変…! ツアーについてはツイッターでネタバレ用アカウント作ってそっちでつぶやこうと思ってる。こっちにもたぶんまたツイートのコピペになると思うけど、記録していきたいと思ってる。アカウントは…、ココ見てる人はすぐ分かるんで!(笑)。(あちらからココは分からなくしてます)

 ではまた来年! …ていや、それまでにも記事は書くけど。お誕生日の記事、今年もかけてよかった。また来年はどんなことを思ってるかな〜?
posted by あや at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288395650

この記事へのトラックバック