2014年08月26日

直枝さんのお誕生日♪に思うこと 【10】

 うわーとうとうこの記事を書くのは10回目です。直枝さん、お誕生日おめでとうございます!
とか言って、今直枝さんを観てきたところです。カッコよかったにゃ〜。休眠状態のブログだけど、これだけは書かなくっちゃね。

 取りあえずいつものように、あとで読み返す自分のために過去記事ペタン。 (2005年 【1】、2006年 【2】、2007年 【3】、2008年 【4】、2009年 【5】、2010年 【6】、2011年 【7】、2012年 【8】、2013年 【9】

 直枝さんのこの一年は、若い人たちとの共演がとても印象に残っている。大森靖子ちゃんのプロデュースやライヴサポートはもちろん、トリビュートとか、対バンも若いバンドが多かった。このことをきっかけに、直枝さんの新しい道がわーーっと開けた感じになってるよね。なんかいろいろ楽しみです。特に大森靖子ちゃんには自分でもびっくりするくらいハマっていて、そんな靖子ちゃんに素直に影響されている直枝さんにもドキドキするし、靖子ちゃんが直枝さんのカワイイところをたくさん教えてくれるのもウレシイ(笑)。

 それからエイベックス時代のアルバム 『LIVING/LOVING』 と 『SUPER ZOO!』 が再発されて、10年前のことがクローズアップされたこと。ちょうどその頃に私はこのブログを始めたんだな。すっかり忘れてたけど、あの騒動はちょうど直枝さんのお誕生日の頃だったのか。

 去年の記事では距離感がどーのとか書いてるけど(ときどきこういうモードに入るのよねぇ)、今年の 3月くらいかな、直枝さんが帰ってきた感がグッと強くなった感じがした。もしかしたらこの頃、このエイベックスの企画が始まったのかもしれないね。あの頃のこと、ファンもいろいろだったけど、私は、あの頃ほどバンドとファンが近かったことはないと思ってる。そのことを、思い出してくれたのかなーなんて。

 それからなんとなくずっと、その近い状態が続いている。最近はちょっとライヴご無沙汰だったけどね。もうーーお盆の北海道いけなかったのが悔しくて悔しくて。今日久しぶりにお顔を見れて嬉しかった。またほわーーんとなっている。

 そうそうそれでその、エイベックスの再発ツアー。矢部さんの参加が本当に嬉しかった。矢部さん表舞台に復帰して 2年くらい? ドラム姿も観れるようになって、何らかの形で共演は近い!と思ってたけど、あんなにガッツリやってくれるなんて!そしてスーツの演出! これには号泣した。ファンの気持ちを、考えてくれたんだなってすごくすごくうれしかった。

 だけどその時思ったのだ。矢部さんトリオのカーネーションはもうひとつの時代なんだなって。矢部さんがステージからはけた後の 「UTOPIA」。矢部さんが居なくなってしまったからこそのふたりカーネーション。今のカーネーションの形は本当に無限だと思っていて、直枝さんと大田さんが居れば、誰が入ってもふたりカーネーションのひとつの形。矢部さんトリオもハリートリオも、藤井くんもゆうすけちゃんも。

 だからカーネーション、アルバム待ってます♪ 去年の記事見ると Soggy Cheerios なんだよね。もちろんそっちも楽しみだけど、この間のライヴで、「周年はもうそろそろいいかな。前に進みたいです。アルバムを作りたい」 と言ってくれたことがとても嬉しかった。

 だけどすっごく忙しそうよねぇ。見えるところでお仕事してくれるのはとても嬉しいけど、なかなか腰を落ち着けてアルバム作ったりできないのかなと思って、ちょっと心配になっている今日この頃。や、アルバム作るからって本当に地下に潜ったままになってしまうのは嫌なんだけど(笑)。

 * * *

 このブログのタイトル 『気楽にやりすぎ?』 は、アルバム 『SUPER ZOO!』 収録の 「気楽にやろうぜ」 のもじりだし、サブタイトルの “あまりに気になるくらいでいいや” は、同じく 『SUPER ZOO!』 収録 「カウボーイロマンス」 に出てくる歌詞の一部です。

 ブログ開設当初は全然関係ないタイトルだったけど、半年くらいでタイトルをこれにして、自分の名前も “あや” にしてからずっと変えないで来た。10年かー。最初からとても気に入っているし、今ではすっかり座右の銘みたいな感じになってる。って、座右の銘にするには緩すぎですか(笑)。だけど、ついつい力が入っちゃう私としては、…がんばっているという意味ではなく、頑なで自分の価値観に変なふうに囚われている私には、そうやって気持ちを楽にすることが必要なのだと思う。

 ブログ10年目の今年、そしてこのシリーズ? 10回目の記事の今年、そんな 『SUPER ZOO!』 が再発、ツアーやってもらったのは本当に嬉しい。もちろん、『LIVING/LOVING』 も大事なアルバムだよ。5人→ 3人 になって、カーネーションから少し離れてしまってた時期があった。それを引きもどしてくれたのが 『LIVING/LOVING』。ていうか、わあーん、ちゃんと近くでずっと見てなくてごめんなさーい!と思ったものよ…。

 この10年、いろんなことあったけど、私の関心ごと(好きなもの部門)の常に半分以上は、カーネーションが占めている。カーネーションはいつも変わらずそこにいるのに、私は一人でああでもないこうでもないと考えては、近づいたりちょっと離れてみたり。自分でも何やってんのかなーと思うんだけど、でもときどき、あ、もしかして気持ち通じてる?って思うことがあるのです。

    「愛すること」ならば どっかで憎むということだ
    あまりに気になるくらいでいいや
  (カウボーイ・ロマンス)

    考え込む前におれを見て笑って (PARADISE EXPRESS)

    ずっとここにいる (New Morning)


 今年はなんか、ばらばらにいろんな歌詞が思い浮かんだな。今とても気持ち穏やかです。今日の、穏やか〜な直枝さんを観たところだからかな。しあわせです。早くまた会いたい。

 ちょうど新月の夜(日付は25日だけど)だから、願い事を書き記してみようかな。直枝さんのやりたいように、音楽活動ができますように。みなさん健康でありますように(含む私)。そして、私のブログが復活できますように(したいー)。

 ではまた来年。て、なんか毎年そんな風に締めてるけど、来年はどんなこと思ってるのかな?
posted by あや at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404344065

この記事へのトラックバック