2015年08月26日

直枝さんのお誕生日♪に思うこと 【11】

 毎年この記事を書いた数を数えてうわーーと思うのだけど、1年てほんと早いなあ。今年も書きます。直枝さん、お誕生日おめでとうございます!

 まずはインデックス、あとで読み返す自分のために過去記事ペタン。
(2005年 【1】、2006年 【2】、2007年 【3】、2008年 【4】、2009年 【5】、2010年 【6】、2011年 【7】、2012年 【8】、2013年 【9】、2014年 【10】

 * * *

 まずはこの一年のスケジュールを思い返してみよう、…とリスト作って書き始めたのだけど、なんだか膨大になってしまい収拾がつかなくなったので、やっぱりタイトルのとおり、今、直枝さんのお誕生日に思うこと、を書いてみようと思う。

 今の時点では、 『a Beautiful Day』 の再現ライヴがビルボード東京、大阪AKASO が終わって、下北Garden の追加公演が決まったところ。そしてビルボードのライヴが速攻 CD になって届いたところ。(早く聴きたいよう)

 このアルバムは私がカーネーションに出会って、初めてリアルタイムで発売を待って買ってアルバム。メンバーもほぼ、初めて観たライヴでガッツリ私を掴んだメンバーだ。そして何より、今は離れてしまった矢部さん鳥羽さんや、当時のメンバーが集まっての再現ライヴ。

 だけどとても不思議なことに、懐かしさ、ももちろんあるんだけど、私はこれを 「今のカーネーション」 だなってすごくすごく思ったのだ。矢部さんが叩いているのが当たり前、鳥羽さんが弾いているのが当たり前、ずっとそこにあってほしかった音がバシッと来る喜び。これこれ!これなのよ〜!というのはなんか、懐かしさとはちょっと違うと思うんだよね。

 東京であまりに当然のようにきゃっきゃ喜んでる自分に 「ちょっと待てこれはレアな状況なんだぞ」 と言い聞かせて大阪公演に臨んだ。分かってる、分かってるのに分かってない、もっと有難がれよ! と思うんだけど、このメンバーでのライヴがただただ嬉しくて楽しくて、きっとまた観れると思ってる。…実際追加公演が決まってわーーい!!となっているところなんだけど(笑)。

 つまり、私は今のカーネーションは、なんでもアリだと思ってるんだな。ツイッターにも書いたけど、この前スーツの矢部さんトリオ見て泣いてから、そういうおセンチなのはもう全部超えたのだ。直枝さんが 「だってみんな一斉にタオルを出して泣くんだよ?」 って言ってたのが今思うと可笑しくて仕方ない(笑)。もう私たち、そういうの全部、超えたんだよね。

 だからまたやればいいんだよ、いつでも。今のカーネーションは何にでもなれる。いろんなカーネーションがあっていい。大田さんと二人の最小編成から、トリオだったらドラマーも矢部さん、ハリー、ムーさんだって。キーボードだっていろんな人がサポートしてくれてる。ほんと一緒にやる人によって全然違うカーネーションになる。本当にね、今はそれが嬉しくて仕方がない。

 楽曲だって、今でもよくライヴでやる曲だし、ていうか、これだけ膨大に曲があるからいつでも 「きゃー久しぶりっ!」 っていう曲もあるんだけど、カーネーションの曲は全部、 「今」 の曲なんだよね。30ウン年前の曲だって、今やれば今の曲なの。それを、どんな編成でやるかでまた何通りもになる。今回の大阪公演で 「市民プール」 を 8人でやった後、アンコールで直枝さん大田さんのふたりでもう一度やった。それが、そういうことなんだよなって。

 ぜいぜい、あーなんか盛り上がってきちゃったぞ(笑)。

 今はこの 『a Beautiful Day』 で盛り上がっちゃってるのでわーーーっと書いたけど、ライヴの履歴を見て、ほんの少し前の WWW の公演のことを思い出してみる。あの高揚ったらなかったなー。カーネーションのライヴ、ワンマンはいつも何かのテーマがあるけど、この時は私たちみたいな長ーいファンをすごく意識したライヴだったと思う。こういうのがあるからたまらない。

 それまで、直枝さんが靖子ちゃんとかで忙しかったこともあり、カーネーションのライヴは対バンが多かった。だから、初めて観る人に向けてのライヴがずっと多かったんだよね。それはそれで全力で楽しいんだけど、この日のセットリストには本当に胸が熱くなったのだった。あーなんか書きながら思い出してきた、この日のライヴこそ、配信してくれないかなー。

 そんな風に考えると、カーネーションや直枝さんのライヴって、いつも真剣。セットリスト見ると、その日何がやりたかったのか分かる、みたいな。

    どんな風に優しくお前をなでてやろうかな
    どんな風に険しくお前を愛せるかな  (RUNNIN' WILD)


バンドとファンの関係は、あの頃とは変わったと思う。ゆっくり落ち着いて考えたら、大人になったよね(笑)。当たり前だっつうの、10年以上経ったんだから。

 今はなんか、ちょっと前とは感じ方が違う。なんていうかなー、ファンをちゃんとファンだと思ってくれているところ、真摯に向き合ってくれているというか。こんだけ長いことやってきて、ファンもそれなりに長い人がたくさんいて、なのにそういうところで甘えてないところ、当たり前のことだけど、改めてすごいなあって思うのだ。

 一番のファンでいたいって思う。いつかも書いたけど、それは誰かと比べて、ということではなくて、ステージの上から伝えたいと思ったことを、真正面からしっかり受け止めたい。ま、そういうのは受け止めたところで変化するものであって、そういうの妄想っていうんだけど(笑)。

 * * *

 最近は大きな星の動きについても全然追えなくなっているのだけど、ふと見てみたら木星が乙女座に入ったところであった。木星は12年に一度やってくる幸運の星。ゆかりさんはそれを 「耕耘(こううん)期」 という。ただただラッキ〜☆ なだけな時期ではないと、汗水たらして耕して、これから12年に向けての種を蒔く時期なんだって。

 新しい一年、直枝さんにとってどんな年になるのか楽しみであります。だけど、何より健康にはほんっとに気を付けてほしい。人のこと言えないし、むしろちゃんと歩いたりしてる直枝さんのほうが健康なんだと思うけど、寝てないとかそういうの、本当にやめてほしい。体力をそんなに過信してはだめですぞ。←私もな

 * * *

 ついでに私自身のことを語っておくと(笑)、以前よりだいぶ、早く帰れるようになって、家に居られる時間が増えた。ライヴは結構行ってるけど、無理はしないようにしてる。今は、体調管理が最優先。翌日仕事中に眠くならないための体力作り。だって仕事に集中できないとすべてに影響しちゃうからね。

 それと、もうちょっとちゃんと、人並みに暮らしたいなあと思って自宅環境整備中。まあ断捨離ですが。…な、なかなか思うように進んでませんが(爆)。そうしていくことで、平日にも帰ってから PC に向かえる日が増えるんじゃないかなって期待してる。

 一年に一度しかまともに記事書かなくなったようなこのブログだけど、地味〜に、行ったライヴの記録をがんばっているよ。変なところで更新止まってるけど、できるときに少しずつ。やっぱりセットリストは記録しておくと後々便利だし、反芻したほうが記憶にも残るからね。


 ふおお、書けた間に合った良かった。0時回ったな。直枝さんお誕生日おめでとうございます。←こっちがリアル(笑)。なんかもう、元気でいてください。今思うのは、ほんとそれ。

 さてさて、来年はどんなこと思ってるかなー?
posted by あや at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック