2015年08月30日

8/30 直枝政広 @広島 中電前カレーの店 nandi

直枝政広 「ALONE IN HIROSHIMA」

DSC_0322.JPG  DSC_0328.JPG  DSC_0330.JPG

大人になってからは初めての広島。迷ったけど安いので飛行機で。羽田でうきゃーー!ということがあり、うろうろせずに待ち時間のすべてをカードの切り替えに費やした。(が、これはあとでようく考えてお断りしたw)

空港からバス。これが遠いのよ、ということだけど、新幹線に 4時間乗りっぱなしよりはこっちのほうがいいかなー。分かんない、次は新幹線で行ってみよう。

広島駅リムジンバス降り場にお友だちがお出迎え(笑)。そのままお好み焼き屋さんがたくさん入ってる飲食店街へ。噂のアンデルセンを見学&お茶して、朝ごはん用にうえののあなごめしを買って nandi へ。

<セットリスト> 〜 オフィシャル ツイッターより 〜

 01. やるせなく果てしなく
 02. からまわる世界
 03. センチメンタル
 04. 100人のガールフレンド
 05. I LOVE YOU
 06. 幻想列車
 07. あたらしいともだち
 08. Long Hard Climb (Ron Davies)
 09. Bye Bye

 10. OOH! BABY
 11. New Morning
 12. REAL MAN
 13. It's a Beautiful Day
 14. ANGEL
 15. サンセット・サンセット
 16. Sweet Baby
 17. Edo River
 18. JUICY LUCY
 
 19. 市民プール
 20. BUFFALO


なんだろう今日の直枝さん、すごーくすごーく楽しそうでやわらかくて、一言で言うとご機嫌、もひとつ言うとフレンドリー?(笑)。何て言ったらいいかわかんないけど、なんかもう愛しくてたまらなくて泣けてきた。泣きながら、直枝さんのこと好きでよかった、と思ったのよ。

1部終わってトロトロよ〜とつぶやいたけど、声の強弱とかギターの音が一音一音、一段と深く胸に届いた感じ。特にからまわる世界 〜 センチメンタル、たまらんかったー (*´Д`) I LOVE YOU はアルペジオのバージョン。

今回はほぼ生ギターで、という話からソギーの録音の話。20年前に買った当初は鳴りが良くなかったけど、いい音が鳴るようになった。弦も替えないほうが馴染んでくるので、レコーディングではぎりぎりまで弦を替えないで録ったのだそう。ライヴの前は張り替えるそうです。この日も。

あとこないだの新世界の話。佐橋くん急病により当日になって曲が増えたりしたこと。居ないから減らすんじゃなくて逆に増えるというね。kyon は何があっても全然驚かない、先輩すごいなあという話で、…kyon は先輩なのか。同じくらいかなって思ってたわ。そういえば歳知らないかも…。

そういえば、こないだの直枝さんのライヴで引っ掛かった歌詞は、「神様はきみの中にいる」みたいな…、「自分の中」だったかな? 実は最近ずっと考えてたとこだったのでちょっとビックリした。

 * * *

この日はほぼ生ギターで、いつも気にしている音響のことを気にしなくていい分、とってもご機嫌に気持ちよさそう〜に歌ってた。リハのときに大学の重音のえらい先輩が来てくれて、椅子をポコポコ叩いたりしてて、そういうのもなんか、始まる前から、リハのときから楽しかったんだろうなー。

で、このお店のオーナーさんがカーネーションのファンだそうで、おまけに某お友達の弟さんのお友達とのことで、少しお話させてもらった。アンコールパンパン呼んでるときかな、ふっと彼を見たらくしゅっと涙をぬぐってる風に見えた。こういうオーナーさんがいるお店は絶対いいライヴになる。直枝さんはそういうの、絶対に応えるんだ。場の力、だよね。

カレーは直枝さんおススメのナンディカレーを。そして直枝さんがたくさん盛ってあるのを見て 「かわいい」 と言ったカレーパンはお土産に。こちらはキーマ。どちらも美味しかった! 次はやさいカレーと思ったけど、キーマもいいなあ…。広島またゆっくり来たい! 次はバンドでかな?

DSC_0302.JPG DSC_0304.JPG DSC_0311.JPG DSC_0339.JPG DSC_0340.JPG
posted by あや at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425125646

この記事へのトラックバック