2015年11月09日

11/9 Soggy Cheerios @下北沢 GARDEN

『EELS & PEANUTS』アルバム発売記念コンサートツアー
出演:Soggy Cheerios(鈴木惣一朗、直枝政広)
ツアーサポート:伊賀航、平泉光司、藤原マヒト、北山ゆう子
ゲスト:三浦千明(tp,cho)

DSC_1059.JPG  DSC_1062.JPG  DSC_1066.JPG

<セットリスト> 〜 オフィシャルより 〜

 01. 百八つの窓
 02. ずっとずっと
 03. ぼくはイノシシ
 04. 明日も
 05. 何もない世界
 06. うつくしいとしること
 07. いつも雨
 08. あたらしいともだち
 09. 趣味週間
 10. UFO
 11. かはたれとき たそかれどき
 12. 次の季節のための歌
 13. サウンド・オブ・サイレンス
 14. きみがいない
 15. 曇天 夕闇 フェリー
 16. 好きさ
 17. ふやけたシリアル
 18. 19時59分
 19. かぜよふけ うみよなけ

 20. Mississippi Honcho Railway
 21. ロックンロールが空から降ってきた日
 22. とんかつの唄

 ※M17,18,19,22:三浦千明(tp,cho)ゲスト

ソギースゴかった! 大阪と、たぶん曲数は同じ (← 大阪と順番も同じ)。だけど印象が割りと違ったんだよね。そんなーこんな数日で変わるもんなのか?

大阪もすごかったけど、今日はなんだかもういろんなことが過剰だった。平泉さんすげー弾きまくってたなあ。全員だけど、全員、弾かされた!って感じ。伊賀さんが長いベースソロ! モーションブルー(特典)、こないだの大阪、そして今日って、惣ちゃんがすごいうまくだんだん引き出した形で。

ゆう子さんも恥ずかしそうにドラムソロばかすか! カッコよかったー。最初のうちゆう子さんから目が離せなくて、そのうちみんなすごいので視線うろうろさせることになるのだけども。かっけーわーかっけーわー。

大阪観たとき、アルバムはピアノとかあまり入ってないので、マヒトさんのピアノがけっこうこのバンドバージョンの肝なのかもしれないなあと思ったのね。そのマヒトさんのプレイが、大阪となんか違う、って思った。大阪は力強く攻める感じで、東京はじわじわじわーって感じ、だったかな? もう最後まで観ちゃったので今はみんなの暴れっぷりにぽかーんとなって、忘れちゃったけど(笑)。

大阪のセトリメモってて、確か 「趣味週間」 のところに “バトル” と書いた。直枝さんと平泉さんのギターは、バトルというか合戦(同じ?)、ソロ交互に回すんじゃなくてあっちもこっちもソロやってる。お互い好きなように弾いてるようで、お? となんか調和が取れたり、平泉さんにしては、荒くれた感じのプレイ、それ見て直枝さんにやーーって笑ってたり。平泉さんはあっつい視線を送るけど、直枝さんは丸まって弾いてるので気づかないとか(笑)。

「何もない世界」、この曲最初のほうにやったんだけど、しずーかに始まって、「何もない、世界ーー♪」 でじゃーーんてバンドで音出したとき、惣ちゃんニヤッとした。演奏中何度も後ろ振り返って、とってもとってもバンドでの演奏を楽しんでいる、というか、嬉しそう〜!と思った。

MC で、「知ってる? 僕大阪で最後泣いたんだよ」 と惣ちゃん。気づかなかったけど、昨日も最後のほう、ドラム叩きながら泣いてたみたいで …というかこれは嘘泣きだったらしいけど。うぇーんうぇーんって、もう手が動かない!って話で、そしたら直枝さんが、「いいよ休んで。なんとかなるよ!」 て。

↑ でこれは、惣ちゃんのツイートによると、『ザ・ビートルズの 「ヘルタースケルター」 のアウトロのエンディング部分でリンゴ・スターが 「手に血豆ができちゃった!」 と叫んでいることへのオマージュでした』 とのこと。そうだったのか〜!!

「サウンド・オブ・サイレンス」、これはアート・ガーファンクルのことを歌った歌なのだと。惣ちゃんがライヴを観て(たぶん これ)、詞ではなくて日記のようなものを直枝さんに渡して、それを直枝さんがまとめたのだそう。成り立ちを聞いてまたぐっと気持ちが入る。たまらんなー。惣ちゃん好きだ。そんな惣ちゃんを受け止める直枝さんも。そしてきっとその逆もあるんだろうね。言わないけど。たまらんなーたまらんなー。

「曇天 夕闇 フェリー」 の平泉さんのギター良かったなー。最初少し抑えた音色にあらっ?と思ったんだけど、そこから 3段階くらい変わっていって胸に切り込んでいくようにぎゅいーーんと。あの静かな歌に実はどれだけの熱がこもっているのかとか思って泣ける。惣ちゃんこの歌大好きだと言ってた。

「19時59分」 はやるたびすごいことになってるので、そのうち 19時59分だけ集めた何か音源的なものを出してほしい。配信でもいい、自分で作るから。

ソギーこのバンドでやるのって何回目なんだっけ。2人で作った今回のアルバムもすごい好きなんだけど、アルバムの再現にとどまらないこのバンドでの演奏がものすごーく楽しみだった。どんどんすごいことになってる。目に見えるくらい。

ただのバックバンドじゃない。それどころかサポートメンバーをフィーチャーしているようにも思える。ふたりともプロデューサーだからかなー。「もっとやれい!」 て、それぞれのすごいとこ、どんどん引き出してるような感じもする。よーく知ってる平泉さんで言ったら、あんなギター弾くとこ他で見たことない。てまあ、サポートお仕事全部観てるわけじゃないんだけども。

カーネーションでもそうなんだよな。サポートする人どんどん変わってく。解放されていくというか。だから今度のしゅがち&松江くんもすごーい楽しみ!

今回のツアーでやらなかったのは 2枚のアルバムのうち、 「伽藍堂」 「道」 「知らない町」 の 3曲。「伽藍堂」は今回のアルバムの中でもバンドでの演奏が楽しみ!と思ってたけど、ライヴでやるのは難しいのかなあ。よく聴くと、コーラスが結構怖い感じに重要な気もする…。

あと、ライヴ中マヒトさんの爆音ソロが右へ左へわああんと移動して、えっ?えっ?となったところがあった。終演後おふたりに話したら、きっと近藤さんがなんかやったんだ!近藤さんがなんかやったんだ!って。←PA は GOK の近藤さん。気のせいじゃないと思うんだけど…(笑)。ライヴ録音してたのかなって思ったんだよね。ソギーライヴ盤はいつか出してほしいほんま!

* * *

あーツイートをいじくってたらなんか文章おかしくなっちゃったけど、まあいいや。こうなったらあまりいじらないほうが、その時思ったことそのまま残るしいいかなーということで。一部、会話したの引用させてもらいました。

今回のたった 2本のツアーでまたソギーのこと大好きになったし、今回特に、惣一郎さんのこととても近くに思えるようになった。面と向かって 「惣ちゃん」 とは呼べないけどね(笑)。あと、バンドの皆さんにも、とっても親近感。ただ単に、直枝さんが始めた新しいプロジェクト、ではなく、本当に Soggy Cheerios が、このバンドが大好きになった。そんなソギー月間? でございました。うう、けどまだ終わってほしくないよ!

ああもう。カッコよくてきゅんとする MV を貼ってしまおう。



次の活動待ってます。浜松に行きたいーー!です。うなぎと餃子♪ あと、北のほうに行きたいなあ。飛行機乗りたい!
posted by あや at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429591283

この記事へのトラックバック