2004年10月07日

結婚記念日

忘れてたわけじゃないけど、昨日は結婚記念日だった。

どこかに食事にでも出かけようかとも思ったけど、今度の連休では友人の結婚式でうまいもん食べるし、今月は二人で共通の知人に会う機会がとても多そうなので、まぁいっか、ということになった。
晩御飯、おでんだし。しかも、今日の朝も昼もおでんだし。まだ残ってるし…。

ということで、母から電話があった。

母 「おめでとう。よくもまぁ、相変わらず仲良くやってて結構ですこと」
私 「ありがとう。まぁ相変わらずで。…増えもせず…。はは…すみません(苦笑)」

この辺は、別に深刻に言ったわけでもなかったんだけども。

母 「まぁそればっかりはね、授かりものだからね。どうしても必要ってもんでもないし」
私 「うん。でもねぇ、そろそろ病院デビューかなぁとは思ってるんだけど。ネットの掲示板とか見ると、みんないろいろ努力しているんだよねぇ。」

母 「そーねぇ。…そこまでしなくてもって思ってたけどね、生徒さん(*)にもわざわざ遠くの病院に行って、それで出来たって人が2人いるのよね。あんたがそう思ってるんだったら行ってみたら?それで、出来ないってことが分かればそれはそれで…、ねぇ。あんたたちのことだから、それでも上手くやっていくと思うから」(* 母はきものの着付けの先生である)

ここまで聞いて、あー、お母さんすごく気を使ってるなぁと思った。

20代半ばの頃だろうか。同級生がボチボチ結婚し始めた頃、遊んでばかりで彼氏も連れて帰らない私に、「あんたね、結婚はいつでも出来るけど、子供は10年経たないと10歳にならないのよ。子供だけは生んどきなさい」なんてことを言ってたうちの母。どうやら「ヘンな親」っていうのに憧れがあるみたいなんだが(笑)

昨日で結婚して三年だけど、この間、子供を急かされるようなことってなかったな。
そういえば、旦那の両親もそうだな。「なかなかできないね」って遠慮がちに言われたことはあったけど。唯一プレッシャーかけるのはうちの旦那くらいなもんで…。

結構みんな、気を使っているのかもしれないなぁ。なんか、申し訳ないと思うと同時に「どうもありがとう」だよ。心無いこと言われて傷ついてる人って多いみたいだもんね。

特に母とは、いつも想いが微妙にすれ違ってギクシャクしがちな関係なので、なんか素直に、すごく嬉しかった。

でもごめん。みんなが思ってるほど、努力してないんだよー。わははー。

posted by あや at 13:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・友人 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック