2005年08月25日

「私とカーネーション 〜2005・秋〜」

いやー、会報が来ましたねー。

「今会報を執筆中」みたいなコメントを聞いたか見たかしたのはいつだったっけ? AX やバナナの先行があるだろうからそろそろかなとは思っていたんだけど、結構突然でビックリしたよ。

ドキドキしながら封を開けてビックリ。
えーーっ!? 9/18? なんだこれ、なんだこれ? 12月の AX のプレイベントみたいな感じなの? この日、ライブの予定入ってるよー、うわー。

がしかし、カーネーションに行かないなんていうわけにはいかない。そちらはゴメンナサイをしました。うう、ホントごめん・・・。

ええと、まだオフィにも出てないみたいなので、折込の内容をちょっと。もう FC に配ってるんだからいいよね? すぐに載ると思うのだけど、FC会員じゃない人に、言いたい、教えたい!

続きを読む
posted by あや at 21:50| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

おろおろ、おろおろ・・・

実家のついたり切れたりの環境で今知った

名古屋で 2days ですってー!?
しかも京都の翌日じゃん

ああ、それって許されるの?
でもさでもさ、名古屋よ名古屋
昨日も妹と手羽の話したとこじゃーん!

と、とりあえず、明日起きたら妹と相談しよう

って、旦那にじゃないのかよー!

あーでも10月のこの時期3日間は・・・
むりかもしんない・・・なぁ・・・
posted by あや at 02:29| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

秋の予定

うぴゃー!出ましたね、秋の予定

そうかー京都は8日なのね。たぶん、3日間は無理なので、スポットで行くわー。ええ、行きますとも〜。

10/4 は曽我部さんとかー。チケット争奪大変そうだけど、何気に私、サニーデイも曽我部さんも見たことないので楽しみよ〜。

そして、10/28。うきゃー!直枝さん、ソロですかい!! ああ、久しぶりだなぁ。バンドなのかなぁ。バンドで見たいなぁ。バンブルビーでは新譜の話もちらっとあったよね。

実は昨日お出かけのとき、iPod 久々に「HOPKINS CREEK」だったのだぜ。ハナウタはずっと「大食漢」だったんだぜ。ソロのライブ見たいって思ってたところだったんだぜー!

うぅぅ、嬉しいっす〜! うぉーーん!
posted by あや at 15:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

シナトラの名言

そうそう、その「対岸の彼女」の中に出てきたフランク・シナトラの名言

観衆の心をとらえる方法はひとつしかない
それは誠実かつ謙虚な姿勢で観衆に訴えかけること


これ見て、ああ、これって今のカーネーションだなぁって思った。誠実で謙虚な姿勢。これが、私がカーネーションを好きなひとつの要素。これがあるから、彼らの音楽が、より一層、深く深く、心に沁みるんじゃないかな。

そして最近、若いバンドの多くに幻滅している要素でもある。

やってる音楽がどんなに良くても、そこがダメだ感じると、そのバンド自体、全部がダメに思える。

やってる音楽が全然自分の好みと合わなくても、そこが良ければすごく好印象で、ガンバレよって思う。

ってことは、私にとって、それって音楽そのものよりも重要なんだな。
・・・やっぱおばさんなんですかねぇ。
posted by あや at 18:24| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

ただいまー

ライブ後飲んでたら終電逃しましたー。ただいまタクシーで帰宅。旦那は既におやすみ。今日は旦那を起こして出かけ、寝た後に帰ってきたという・・・。

いやー、今日はね、本当に良かったです。もし、直枝さんの手売りがあったらちゃんと感想言わなきゃと思って、あ、これいい、いや、こっちもいい、と思ってたら、なんかどれもこれも良くってね。(今日は手売りはなかったけど)

あー、これで手持ちのチケットが無くなった。次に会えるのはいつなんだろう。

とりあえず、今日は顔洗って寝ます。実はちょっと仕事が立て込んでて、レポは少し時間がかかるかも。

※レポはこちら(カテゴリ:ライブ)
posted by あや at 01:38| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

「ある日どこかで」

8月のWOWOWの番組表をチェックしてたら、映画「ある日どこかで(Somewhere in Time)」を見つけたよ。

これってあれよね? 直枝さんがインスパイアされたっていう映画だよね?
FC会報には「タイトルは触発されたけど内容はまた別」って書いてあったけど、確かBBSで話題に上がったとき、直枝さんもオススメしてたね。

見なきゃ見なきゃ。こういう機会でもないと、わざわざレンタルに探しに行ったりはしないからね。

8/23(火)22:00〜 だって。あー忘れないようにしなきゃ。
posted by あや at 00:46| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

「陽気な若き博物館員たち」

買うのをすっかり忘れていて、おーそーだそーだと注文したのが届いた。最近はコレクターと化してますからね、カーネーション関係は取りあえず押さえます。いや、直枝さんのデビュー作?ともあらば買うしかないでしょう。

えっと、覚悟はしていたんだけど、う、うーん、マニアック・・・(笑)

いやー、「DUCK BOAT」をいいなぁと思えるようになったのもつい最近のことだし、このアルバムはそれ以上にマニアック臭がプンプンだったのだけど、相当マニアックだと、私には感じられます。

バンドって(この場合は直枝さんっていうひとりのミュージシャンだけど)、長くやっていれば変わってくるものだと思うけど、ココがスタート地点なんだよなぁ、そして今のカーネーションがあるんだよなぁ、と思うと、すごく、すごく不思議な気持ち。

あ! わはははは。

実は、第一印象で困っちゃって、書きながらうなってる間に「DUCK BOAT」を聴いたんだけど、いやー不思議。そのあとにもう一度聴いたら、なんと、ちゃーんと繋がった。「あ、直枝さんじゃん」って。すごく、「直枝さんじゃーん」って思えるのがすごく不思議で、思わず笑ってしまった。すごい、不思議ーー!

* * *

こうやって長い時間かけて変わっていったミュージシャンの作品の、途中の段階で好きになったとき、当然、以前の作品も理解したいと思うんだけど、戸惑っちゃうことも多いと思う。

もし、この時代の直枝さんに、リアルタイムで出会ってたとしても、好きにはならなかっただろうなぁ。耳鼻咽喉科のライブを見ても、「DUCK BOAT」の頃のカーネーションでも、だめだったと思う。

だから、直枝さんのことが大好きで、直枝さんの通ってきた道を理解したくて、一生懸命聴いてるうちに本当に好きになってって、変わってきてる自分がうれしい。

これからも、ずっとずっと好きでいたい。
posted by あや at 00:56| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

「MUSIC DAY 2005」の映像

4月にAXでやった「MUSIC DAY 2005」の生放送(Music On! TV)を録画したものをいただきまして、それをようやっと見たんです。いいねいいね、これ、生放送ってホントライブみたいでうれしいー!(この日のライブレポはコチラ


まず、こんな近くで見ることはあまりない矢部さんにドキッ!いや〜ん、ステキ♪ ドラムって、正面から顔とか斜め後ろからは映ることはあっても、こんなにしっかり叩いてるところが見られることってあんまりないんじゃない?うう、か、かっこえ〜!

大田さんの手元もばっちしですよ。色っぺ〜!「ルネッサンス」なんかもう、こここんな形でライブバージョンを聴けるなんて!しかも大田さんスペシャルー!う、嬉しすぎる・・・。

直枝さんは最初すごい緊張してたみたいだけど、矢部さんと大田さんがすっごく気持ち良さそーなのよね。そして演奏するうちに、直枝さんの緊張もどんどん溶けていくのが分かる。「学校」でニカーッと笑ったので、見ててすごくホッとしたのをおぼえてるよ。

この日の「ぼうふら」はやっぱり特別だったと思う。なんか矢部さんがスゴイんだもの。ぼうふらの時っていつもこんなだったっけ?こんなに近くで矢部さんを見られるのでそう思っちゃうだけ?矢部さんてホント表情変えないんだけど、このときはなんか嬉しそうって思ったんだよね。表情が変わらない分、気持ちが溢れ出ちゃってるそのプレイに・・・あああー。そんな言い方しか出来ないんだけども、なんかねー、かっっっこいいんだよ〜。

大田さんの暴れっぷりも直枝さんのイッちゃってるっぷりもすごいんだよ。直枝さん、あんなに緊張してたのなんかウソみたい。これを座って観てただなんてホント信じられないよ。モニタの前で何度も声を上げてしまった。私、この「ぼうふら」でしばらく生きていけるわー。

この番組、カメラがすごくいいなぁ。音楽系のチャンネルだから心得ているんだね、きっと。映った長さで言ったら3人とも同じくらいだったんじゃないかと思えるくらい。欲を言えば、大田さんのお顔と直枝さんの手元をもう少し見たかった。・・・いや、それは欲を言いすぎですな。矢部さんはこれ以上ないくらいの大大大満足。

はー、これであと10日、耐えるざんす!
posted by あや at 23:38| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

よく聞く、あるいは特別な思い入れのあるカーネーションの5曲

やってみようと思っていたら、他にも同じこと考えている人がいまして、遅ればせながら勝手にそちらの企画に乗っかることにしました。けすいけさん祥さん、勝手にいただきやす。

っていうか、もうだいぶ盛り下がったところですよね。書こうと思ってから10日以上うんうん言ってましたからね。漏れてる曲がないかってアルバムも最初から全部聴いたり、いろいろ蘇ってスピーカーの前でしくしく泣いたりしてたら、えらい時間がかかってしまいまいした。そして長っ!

続きを読む
posted by あや at 10:05| 東京 🌁| Comment(14) | TrackBack(3) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

会報がきたっ!

ライブの禁断症状が出始めてたので一気に読みましたよー。

4月の発行予定だったんだね。ライブが充実してたし、遅れてたことなんか全然気にしてなかったよ。それより、今日届いたってことは、その忙しい最中に作業してたってことだよね。もー本当におつかれさまでございますー。

それにしても、ほんとにライブばっかりだったよなぁ。って思い出してうっとり。写真もすごいイイのがたくさん。リキッドの直枝さんの写真がいいなぁ、なんて思いながら向こう側にいる人ってだれ?と思ったらゲルくんか(笑)焼酎振り回してる大田さん・・・ステキ過ぎー。

直枝さんの円盤生活がよかったな。直枝さんにとってのムーンライダーズ。こんな話を聞くのは初めてかもしれない。なんか、きゅーんとしちゃった。遅ればせながら、私もムーンライダーズを聴くようになってよかった。

矢部さんがあの忙しい中、かしぶちさんの代役を務めたのも、単なるお仕事ではなくて、直枝さんやカーネーションのいろんな想いが詰まってたんだね。じーん・・・。

カーネーションを好きでいると、この種の「じーん・・・」によく出会う。そして、ああ、やっぱり好きだなぁと、好きでよかったなぁと、毎度毎度思うのです。じーん・・・
posted by あや at 22:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

「獣たち」

この曲を聴くと思い出すマンガがある。コミックバンチに連載されている「蒼天の拳」っていうやつ。たぶんこれ「北斗の拳」の続編?だと思うんですが。

「北斗の拳」って、タイピングゲームは持ってたけど(なんかの景品でもらった)、キー入力するたびに『あたたたたたたたたー』ってうるさいし、敵が死ぬときグロいのであんまり好きじゃなかった。

だから、バンチは旦那が買うので毎週読んでるけど、「蒼天の拳」は、はじめは飛ばして読んでた。でも、いつの間にか闘いの時以外はなんとなーく読むようになっていて、今では割と楽しみになっている。ストーリーもおもしろいし、セリフも時々おもしろいのよ。

で、これに“飛燕”っていうキャラクターが出てくるんだけど、最初は敵・・・というか、『守らなきゃいけないものがあって、必然的に拳志郎と闘うわけなんだけども、いろいろあって今は朋友(ポンヨウ)になって、エセ牧師をやってる男』、なんだけどもね。この人が「オラァ」とか「〜してらぁ」とか「〜なんだぁ」とかいう話し方をするのだよ。

いやたぶん、全っ然ちがうと思うんだけど(笑)、なんとなくこの曲を聴いていると、この「蒼天の拳」にある、『男たちの闘い』とか、『男の友情』とか、そーゆー男臭さを感じるのだ。男の世界にいる男って感じ?女は黙って男を信じてる、みたいな。

とまぁ、また激しく妄想しているわけですが。でも、この曲ってこれまでにないくらい、男っぽくて激しくてゾクゾクする。近寄りがたいんだけど、そこがまたステキ♪

そしてやっぱりこの曲もライブがいい。心臓に響く音、赤いライトと飛び散る汗。
あーーライブ行きてぇー! たった10日で早くも禁断症状だぁ・・・。
posted by あや at 21:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

「気楽にやろうぜ」 最強のレポ

もー!冨永さんたら、泣けちゃう泣けちゃう泣けちゃうーー!
すんごいレポですよ。もう感激っ!
本当にもーどうもありがとうございますー>冨永さま

ああ、当日録音のそのMD、私も聴きたいー。是非是非何らかの形で聴かせてください。細切れでもイイですからー。

セットリストもあったので、私のレポの方も無事完成ってことで。
posted by あや at 20:39| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

レポを書くということ

自分がライブのレポを書く前は、他の人が書いたレポを読んで、すごいなぁ、こんなに覚えてられるなんてって思ったものだ。自分は絶対書けないって思った。だいたいセットリストでさえも覚えてられないんだから。

でも、書こうと思えばなんとか書けるもんだ。ライブを見てるときも、覚えてようと思って見てるし、実際書くときになってうんうん唸っていると思い出すこともある。自分が書いたレポと他の人のレポを読み比べて、あー同じものを見ても人によって全然感じかたが違うんだなぁって思ったり、改めて自分が感じたことを噛み締めたりして。

続きを読む
posted by あや at 17:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

とりあえず、気楽にやろうぜ

ただいまーっていうか、またしても結構飲んでます。えへへ。

いやーーー。
今日は本当に盛りだくさんで、満足、なんてもんじゃなくて、胸がいっぱいです。

本当に予告どおり、ツアーのアフターパーティと、いうとおりの雰囲気でした。ああこれで、本当にツアーが終わってしまうのだなって、リキッドの時には感じなかったものを感じたな。

祥子さまも、この間、Duoを観たおかげか何か、私にとってアフターパーティになっていて(祥子さまはまだ大阪があるんだけど)、なんかこう、全てがじーんとしてしまって何度もうるうるしてしまったのだよ。

ああなんて、あったかいんだろう。胸がいっぱい。今はそれしか言えないやー。
おやすみー。
posted by あや at 01:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

実は憧れだった・・

私は昔、レコード会社の宣伝部か音楽プロダクションに就職したいと、かなり本気で考えていた。どのくらい本気だったかと言うと、高校を出て専門学校に行ったのだ。専攻はズバリ“音楽産業ビジネス学科 音楽ビジネスコース”

ところがまーその学校がしょぼかった。学校がというよりも集まってくる人間がしょぼかった。でっかい夢を胸に上京した田舎ものの私は、「まだ働きたくないしー」「なんかかったるいー」「なんで勉強なんかしてんの?」とか言う仲間を見て4月早々に愕然としたもんだ。簡単に入れる専門学校なんてそんなものなのだ。

でも授業は楽しかった。ソルフェージュや楽典、音響やコンピュータミュージックの授業まであって、校舎内では毎日どこかで楽器の音が聞こえてたしね。それに、すっごく大事なことを教えてくれたんだ。

続きを読む
posted by あや at 17:50| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

まだまだ祥子さま

先日の、祥子さまのライブについて、祥子さまご自身からコメントが!(←このリンク、ネタバレありです)

やっぱりあの日のライブは祥子さまにとっても特別だったみたい。なんかね、すっごく嬉しくて朝から涙が出てきちゃったよ。祥子さまが語るカーネーションもそうだし、祥子さまとカーネーションの関係っていうのも、なんかステキだなぁ。

そして改めて、祥子さまのこういうとこが好きだなぁと思った。こういうとこってどんなとこかというと、うーん、歌と同じくらい、祥子さまの気持ちがストレートに伝わってくる、こんなコメントを、たぶん、書かずにはいられなかったってとこ? 相変わらずうまく説明できてない…。

セットリストが出てたので、私のレポの方も直しときました。やはり数曲入れ違ってたよ。
ますます、「気楽にやろうぜ」が楽しみよーー!
posted by あや at 08:19| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

耳鼻咽喉科と私

風邪が悪化したのだ…。先週のノドの時点でちゃんと医者に行くべきだった。しばらくコホコホとやってただけだったのが胸の方に降りてきて、ゲホゲホ苦しいんだよ。…やっぱり焼肉とビールだけじゃダメなのね。

というわけで、昨日、近所の耳鼻咽喉科に行ってきた。ああ、「耳鼻咽喉科」と声に出して言うだけで、なんだかドキドキしてしまうのはヘンでしょうか。子供の頃からあんなにキライだった耳鼻咽喉科。あの、額につけた銀色の盤を見ただけで泣き叫んでいた子供時代。大人になっても風邪を引いても耳鼻咽喉科にだけは行きたくなかったのに。

去年のツアーで、直枝さんが耳鼻咽喉科時代の話を懐かしそうに話すのを見てから、病院の看板さえも愛おしい。直枝さんが白衣にあの銀盤をつけてるところを想像するだけでキュンとする(笑) いや、実際の先生が直枝さんだと思うとお口も開けられなくなるので止めといたけど、こんな形でトラウマから脱出できるとは思いもしなかったぜ。

あ、この日記を読んでくださっている方はほとんどカーネーションファンの方だと思うのですが、念のため。「耳鼻咽喉科」というのは「カーネーション」の前身というか、前のバンド名です。うふふ、すてきでしょー?
posted by あや at 12:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

再びカーネーションモード

祥子さまのレポも書いたし、ということで、iPodで聴くのをカーネーションに戻した。

やはり「Super Zoo!」〜「獣たち」〜「ルネッサンス」なんだけど、…し、心臓ってこんなにずーーっとドキドキバクバクいってて、だだ大丈夫なの?発作?っていうくらいなんですけどー。もうさー、こんなに何度も何度も聴いてるのにアホだよなぁ。

今週も来週もまた会える幸せ…♪ と思ったら、え?仙台・リキッドの週から4週連続なんじゃないの?もしかして。いや、その前の週は金沢だし、4月も多かったし、すごいハードスケジュールだよなぁ。ライブだけじゃないもんね。聞いてるだけでもレコーディングにリハーサル。

矢部さんなんかこの上ムーンライダーズでしょ? 広島のあとは体調悪かったって漏れ聞いたし、大丈夫なのかしらってマジ心配しちゃうよ。それに、ヒトの曲を叩くのって、そんなにすぐに出来るものじゃないよね。…プロだから大丈夫なのかな。あーマジで心配になってきた。

ムーンライダーズ、私は6/5のガーデンホールを押さえている。矢部さんも見たいけどやっぱりかしぶちさんが見たいなぁと思っていたら、6/5は京都でカーネーションじゃない?

「矢部さんはどっちに出るのかしら?カーネーション、ドラム抜き?ひょっとして祥子さまが叩くとか?」 なんていうメールをもらって、超ウケた(笑) いくらなんでも、カーネーションほっぽってヘルプはないだろう。その後、矢部さんのヘルプは東京はAXだけという発表があったので、ホッと一安心。

だってね、6/5は私はムーンライダーズを見に行くんだ。矢部さんが叩いたりなんかしたら、私は間違いなく矢部さんに釘付けになってしまうのだ。きっと、ムーンライダーズをムーンライダーズとして見られなくなっちゃうと思うんだよね。…ええ、そんな失礼なヤツです。

かしぶちさんは、ツインドラムだったらもしかして大丈夫?というくらい、回復に向かっているそうなので、6/5にはなんとか間に合って欲しいところ。楽しみなのだ〜。

はっ!カーネーションモードもいいけど、ムーンライダーズも聴かなきゃよ〜。しかしこの間にカーネーションが2度あるし、むー、私のスケジュールもちゃんとよく調整しなきゃね。
posted by あや at 11:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

とりあえず、祥子さま

いやーいやー。すごいよかったです〜。
もう、私ったらレポ書くの時間かかるので、今回はさくっと見てさくっと書こうと思って、メモも取らずに見てたんだけど、見せ場多すぎ。こここれは自分が忘れないためにも、すこし詳しくレポ書きたいっ。

もちろん祥子さま、なんだけど、やっぱりカーネーションが出るとそっちにばっかり気をとられちゃってね。いやぁ、こういうカーネーションは初めてだったので、どきどきしてるよ。(いつもじゃん…) 今日は大田さんです。ええ、今度は大田さんにぶち抜かれました〜。かかかっこええ!!やばいよもう〜

ああああ、覚えてるだけ書こうかと思ったんだけど、やっぱりセットリストが欲しいー。ええと、カーネーション関係で特記すべきことを少し。これ、もしかしたら「気楽にやろうぜ」とか「音楽感謝」のネタバレになる可能性もあるのか?どうなんだろう。分からないけど。心配な方はご覧にならないほうが…。

続きを読む
posted by あや at 23:22| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

明日は祥子さま

そう。明日は祥子さまなのに、モードがカーネーションからちっとも切り替わらないざんす。特に仙台以降、他の何も聴きたくないのー。しかもライブの余韻を楽しむために、「Super Zoo!」→「獣たち」→「ルネッサンス」ばっかり聴いてるのよーー。あ、1回だけリビラビ聴いたか。

でもでもでもー、やっぱり祥子さまのライブは祥子さまを楽しみたい。いくらカーネーションが出るからって言っても、やっぱり祥子さまモードであるべきだ。この状態のまま行ってしまったら、カーネーションと絡む祥子さまにきぃぃーーっとなるだけじゃんか。いや、うそうそ。そんなことないよ(笑)

ってことで、今最後の「Super Zoo!」聴き中。これ終わったらずっと祥子さまにするんだ。結局DVDもマキシも買わなかったや。こないだ買ったベストも2回くらいしか聴いてないじゃん。これじゃいかん。これ終わったらずっと聴くぞ。

* * *

全然関係ないんだけど、今日とあるデパ地下で「手羽先〜名古屋風!」って書いてあるのを見たので思わず買ってしまった。でもね、やっぱりちがうのー。もう既に恋しい。次は、いつ?
posted by あや at 18:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

仕事が手に付かぬ…

く、首が痛い〜!昼間、30分くらい寝て起きたらパンッパンだよ。
あー、明日ちゃんと首振れるかなぁ…。

あーもう今日はおかしい。今日くらい精力的に仕事をしようと思ってたのに、気がつくと宙を見つめてへらへらしてるし、自分で書いたレポ読んで「は〜」とか言ってるし。ああもう、これが恋以外の何ものだろう。

Rさんがアルバムが待ち遠しいって言ってたけど、私はまだまだだよーと思ってた。今日はずっと「SUPER ZOO!」と「獣たち」「ルネッサンス」を聴いているんだけど、こう聴くとまたテイストが違うんだよなぁ。やっぱり最新の曲の方が、“今”のカーネーションだと思っちゃうんだよな。

ほんっとにすごい速さで進化しているよ。東京しか観れない人、明日ビックリしちゃうんじゃないかな。ビックリしちゃって客席すごい事になるだろうな。そしたらステージもすごい事になるだろうな。最終日だし、どんなことになってしまうんだろう。

金沢ライブのあと、そのままスタジオに直行してレコーディングしたって言ってたけど、シリーズ第3弾シングルかな? アルバムの話は全然してないもんね…。どっちで出るのか気になるところ…。

ああもう、明日会えるっていうのに、明日会えるっていうのに!!

<参考> 仙台のライブレポ(カテゴリ:ライブ)
posted by あや at 18:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

ガカンとリョウメイ

ちょいとあるところで、このライブPHOTOの存在を教えてもらった。カーネーションの大田さんが参加した、ガカンとリョウメイのDVD発売記念ライヴ。

大田さん、怖そうじゃないよー。いや、実際全然怖い人じゃないんだけど、カーネーションの時の大田さんはスーツでビシッと決めて、プレイ中はなんかちょっと、いろんな迫力を感じたりするじゃないすか(なんじゃそりゃ…笑)。でも、この写真の中の大田さんは、緊張してるといいつつも、リラックスしてて人柄がそのまま出てるような写真がたくさんあって、いいなぁと思ったのだ。17枚目の写真なんてまぁ、惚れちゃいそうですわよ。

そして、見ていて軽くショックを受けてしまったことがひとつ。。

良明さん、九段で見たときからステキステキと思っていたんだけど。この間のAXでもはぁ〜ステキステキと思ってたんだけど。

私が高校時代に夢中だったCCBの英樹さんに、なんか似ている…のよ(笑) えー、私良明さんのカオが好きになったわけじゃないのにぃー。ギター聴いてきゃー♪と思ったのにぃー。だけど、良明さんの写真見て、何故かドキドキしている私がいるのだよー。

英樹さんと良明さんが似てるということがショックなのか、カオを好きになったわけじゃないのに実はカオが好きだったのかもしれないということがショックなのか、一体何がショックなのかはよく分からない…。むしろ、喜んでる?うーなんなんでしょ、私って。

それよりなぁ、アレだけ直枝さん直枝さん♪って言っておきながら、最近いろんな人のこと「きゃー」「すてきー」と言いすぎでしょうか?でもそれは、旦那が好きってのを大前提にして直枝さん♪って言っているのと同じで、直枝さんへの愛が減ったりはしていないのであります。(きっぱり)
posted by あや at 14:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

リキッドのチケット

来たんですけどね、史上最悪…。しくしく。
今回はなーんか番号悪いなぁ。って前のツアーが良すぎだったんだけど、これでもし一般販売と同時入場だと、間違いなく3桁入場だな。ひーん(泣)
は〜、ファンクラブ増えたのねぇ。いいことよ、いいことなんだけどね。
東京は前の方に男子多いんだよな。後ろにはつかないように気をつけよう。

でも、後ろだって見えなくたって、暴れてやるー!
だって東京はツアー最終日。やっぱり一番楽しみなんだものー!
posted by あや at 16:01| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

取り急ぎ、AX

ただいま〜。
今回のイベント、カーネーションが一番青かったっぽいのでこっちまで緊張したけど、よかったよ〜。「ぼうふら」がサイコーでした。音がいいのねーAX。立って踊る雰囲気じゃなかったのが残念ー。
ライブ後、大田さんと直枝さんたらまたしても手売りですよ。もー2枚目だよぉ〜「ルネッサンス」。しっかり握手してきたよん。
その後、RさんとTさんと飲み。結構飲んだけど、旦那のリクエストでまたビール飲んでます。
あぁ幸せな夜♪ レポはまた今度ね〜。 →レポはコチラ(カテゴリ:ライブ)です。
posted by あや at 00:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

旅の記録(2)〜大阪出待ち編

大阪でのライブ終了後、京都在住のTさんのお宅へお邪魔することになっていたのだが、Tさんはカーネーションファンのお友達がたっくさんいる方で、いろいろ紹介してもらったりしているうちに、流れで出待ちをすることになった。

意外かも知れないけど、出待ちって初めてだったんだよ。ラジオの公録ならあるけど…っていうか、公録見に行ったら他にだーれも来てなくて、スタジオ入りする直枝さんにバッタリ会ってしまい、「がんばってください」と声かけたはいいけど、出てきたとき誰もいないのもなぁと思って待ってたってことはある。それにしちゃーサインとか写真とか持ってるじゃんと言われると、なんでなんだろーって思うんだけどね。

この日もまぁ、「おもしろいから出待ちを遠巻きに見てよう」というくらいのつもりだったんだけど、メンバーが囲まれてるのを見たら思わず私も携帯片手に駆け寄ってましたね。全然そんなつもりはなかったと言いつつ、誰よりも準備周到だったワタクシではありますが(笑)

その後、10人近くのファンと一緒に流れた居酒屋で、携帯の写真を見せ合ったりメールで送りあったりしてワイワイ過ごした。半分以上が遠征組だったというのが印象的だったな。
posted by あや at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

特典のブックレット!!

来ましたですよ〜!!3タイトル購入特典のブックレット〜!

表紙がわざと擦れて汚れたようになっててビックリしちゃったけど、そしてわざとなのか表面にもなんかベロンて付いてるけど、紙も想像より分厚いし豪華で折り目つけられないー。

ホントただで頂くなんて申し訳ない…。振込用紙入れておいてくれたらお支払しましたのに。(←ライブでこういうMCがあったのです)

あとでゆっくり読もうと思ってパラパラめくってるとドキューン!途中にはさまれてるメンバーの写真が、か、カッコいい〜。特にラストの矢部さん…。ああぁぁぁ…矢部さぁん…!
posted by あや at 13:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

ただいまー

東京に帰ってきたよ。すごーく楽しい3日間でございました。

東京から一緒に参戦して、超楽しいネタをたくさん提供してくれたRさん、素敵なお部屋にご招待してくれたTさん、それから大阪で知り合ったたくさんのカーネーションファンの人たち、本当にどうもありがとうーー!

こんなにたくさんの人が私と同じようにカーネーションにヤられてしまっているなんて!居酒屋の席待ちしてるとき、携帯で撮った写真を見せ合いながら、きゃあきゃあ言ってるシーンがすごく異様でしたね。おもしろすぎる〜

食べすぎ、歩きすぎ、跳ねすぎ。首と腕と足がパンパンだよー。お風呂入って今日は早く寝よう。
いろんなことがありすぎて、ちゃんとレポが書けるか心配…。

(追記)レポ書いたよー。→コチラ(ネタバレ注意!)
posted by あや at 21:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

夢の話

おもしろい夢を見た。“夕べの夢の話なんて聞きたくないだろー”って前にも書いたことあるような気がするけどおもしろかったから書いちゃう。

続きを読む
posted by あや at 21:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

ココロとカラダの準備

カーネーションにもうすぐ会えるのだと思うとなんだかそわそわしてしまう。
切り過ぎちゃった髪は2週間で伸びるだろうかとか、2週間だったらどのくらい痩せられるだろうかとか、ばかだなぁと思うけど、最近特に気になるのが手。九州ツアーでは、ライブ終了後にサイン会があったという。今度のは全国ツアーでキャパもずっと大きいので、さすがにサイン会はないとは思うんだけど、もし握手するような場面に出くわしたらどうしよーなんて考えたりして。

私の手はひどい荒れ性なのだ。はじまりは高校のときのフォークギター。だから金属なのかと思ったけどそういうわけでもないらしい。すぐ“かいかい”になって、“かぴかぴ”になって、ぱくっと割れちゃう。もう薬がないと居られない。なのに薬をちゃんとつけないからちっとも治らない。

今日、薬が切れそうなので行きつけのお医者に行った。手を見せた途端、「ちゃんと薬塗ってないでしょ」と叱られる。「だいたい前に来てから間あきすぎ。そんなに薬出してないんだからさ、塗ってないのすーぐわかるよ」 この先生、ものすごくよく喋るのだ。しかも早口で何言ってるかいつもよく分からない。なんというか、ハンカクで喋ってるっていう感じ?「俺だってよぅ、まいんち10回も20回も塗ってんだぜ。流しんとこにホラ、こうやって2種類だしてあんだよ」毎回、おんなじお説教を聞く。

分かっちゃいるけどねぇ、どうしても寝る前にしか塗れないんだよ。でもとりあえず2週間ガンバロウ。白魚のような手には程遠いけど、せめて失礼がないような手になりたい。・・・大丈夫だよ、握手する機会なんてそんな滅多にあるもんじゃないし、第一あったって相手は気にしてないさ。はい、分かってマス。
posted by あや at 19:21| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

追っかけの定義

NOVAで「変わった趣味はあるかい?」と聞かれた。
「例えばボクはね、クロスステッチが好きなんだ♪」カナダ人男性・40代前半?である。

私は「趣味っていうわけじゃないけど、すごく好きなバンドがあって、この春、大阪と名古屋と仙台にライブを見に行く」と言った。「…え?名古屋や大阪に行って何するの?」「え?ライブを見るの」「え?それだけ?」「え?…あとはその土地の美味しいものを食べたりはするけど…」

「ハハーン、君はグルーピーなんだね?」

えぇっ?グルーピーってグルーピーって…。何?と言われるとよくわからないのだが、私の場合、「追っかけ」の中でももっと相手に近くていわゆるオトナな取り巻きで…この辺は中学の頃に読んだ少女マンガに影響されているので、本当にそういう人たちがいるのかどうかはギモンだが…、とにかく、私の中ではホテルの部屋まで押しかけちゃうようなへヴィなイメージがあったのだ。

で、直枝さんの部屋に押しかけている自分を想像してしまい、顔を真っ赤にしながら「ちがーーうぅ!」とブンブン首を振って叫んだのだった。

そういえば思い出したんだけど、前にVOICEで一緒になった大学生の女の子が、香港の有名俳優(誰か忘れた)の大ファンで、香港はもちろん北京や上海まで追っかけるんだと言っていたのだが、「そういうのって英語で何ていうんですか?」と聞いたら、アメリカ人の若い女の先生に

「あぁ、ストーカー?」

と軽く言われて大爆笑だった。なぜウケてるか分かってない先生は「そういうのストーキングって言うのよ」とフォロー入れるがまた大爆笑。でも彼女は空港はもちろん、ホテルまで追っかけるらしいので、結局はストーカーだということで落ち着いた(笑)


ところで、追っかけの定義ってなんだろう?
私の中では、相手の行動スケジュールをチェックしていて、入り待ち・出待ち、空港や新幹線のホーム、ホテルなんかで接触を試みようとしている人たち、だ。

だから私は、自分の行為を「追っかけって言うほどじゃないんだけど…」と前置きして話すことが多い。だってただ、ライブ見に行くだけじゃない? でも、周囲の人に言わせると立派な追っかけなのだそうだ。

旦那曰く、「地方に行った時点で追っかけだよ」と言う。
「じゃあ、自分の街に来なくて遠征しなきゃならないところに住んでる人はみんな追っかけなの?」
「それは…仕方がないんだよ。追っかけじゃないよ」

別に追っかけと言われるのが嫌なわけじゃないんだけど、世間のイメージって、ヨン様追っかけて将棋倒しになっちゃうみたいな、イタ〜いイメージがあると思うのだ。トシもトシだし、そういうのと一緒にはされたくないという思いはある。

しかし、旦那はこんな風に私のことをよくネタにしているらしい。

「うちの奥さんさぁ、いいトシして追っかけなんだよねぇ」
「へー、誰の?」
「言っても分からないと思うけど…“カーネーション”」
「し、知らないなぁ。チューリップなら知ってるけど」
「だよねぇ。ボクもこれ言って知ってるって言った人、過去に2人だけだから…」
「で、旦那的にはそれはいいわけ?」
「まあねぇ、ずっと家にいて悶々とされても困るからねぇ」

おもしろいと思って話しているみたいだけど、これ聞いた人の頭の中では、旦那の奥さんという人(つまり私)は、ヨン様の追っかけになってると思うぞ。旦那的にいいんだろうか?
posted by あや at 19:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネーション | 更新情報をチェックする